買う

ご当地カプセルトイ「ガチャタマ」仙台版販売 「Zepp Sendai」など10種

「仙台ガチャタマ」。手に持っているのが左から「フルパちゃん」「藤崎」「Zepp Sendai」

「仙台ガチャタマ」。手に持っているのが左から「フルパちゃん」「藤崎」「Zepp Sendai」

  • 30

  •  

 ご当地カプセルトイ「仙台ガチャタマ」第1弾が12月1日、発売された。企画はアルシェ(さいたま市)、企画協力は仙台ターミナルビル(仙台市青葉区中央1)、販売元はジェットワークス(東京都台東区)。

レアアイテムを含めたラインアップ全10種

[広告]

 各地域の定番スポットや地元企業、マニアックなキャラクターやアイテムなどをモチーフにしたアクリルキーホルダー(約5センチ)を入れたカプセルトイ「ご当地ガチャタマ」シリーズ。アルシェ営業運営部の佐藤成美さんは「新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が発令される直前、コロナ禍でも何か面白いことができないか仲間と雑談していた時に、『どローカルでマニアックなものにクローズアップしたグッズを作ってみたい』という話が持ち上がり、1年かけて商品化にこぎ着けた」と振り返る。

 2021年3月に第1弾となる「大宮ガチャタマ」を販売し、以降、浦和、与野、川越、東銀座、沼津版を展開。シリーズ販売累計は16万個を超える。東北地域初となる「仙台ガチャタマ」は、「エスパル仙台」を運営する仙台ターミナルビルが声をかけて開発が決まった。

 ラインアップは、2012(平成24)年に閉館した「Zepp Sendai」、創業約70年の老舗おでん・和食店「おでん三吉」、仙台に本社を置く「アイリスオーヤマ」、仙台市の減量・リサイクル推進キャンペーンキャラクター「ワケルくん」、2018(平成30)年まで国分町の入り口にあったランドマーク「虎屋横丁のアーチ看板」、体験型観光農園「JRフルーツパーク仙台あらはま」のキャラクター「フルパちゃん」、仙台の老舗百貨店「藤崎」、東北楽天ゴールデンイーグルスのオリジナルクラフトビール「イーグルスビール」、「お弁当のこばやし」の人気駅弁「網焼き牛たん弁当」。レアアイテムとして、2011年に当時楽天イーグルスの嶋基宏選手が行ったスピーチ「見せましょう、野球の底力を!」も用意する。

 「仙台の方々が、懐かしさや楽しさを共有できるものなど、自由に好きなものを選んでみた。どれくらい共感してもらえるかは分からないが、楽しんでもらえたら」と佐藤さん。「仙台は魅力的なものが多く、ほかのシリーズよりも種類が多くなった。仙台への地元愛とディープさがたくさん詰まった仙台ガチャタマを回してみてほしい」と話す。

 価格は1個300円。設置場所は、エスパル仙台本館(仙台市青葉区中央1)2階インフォメーション、同東館1階「楽天イーグルスグッズショップ」、藤崎本館(一番町3)5階玩具売り場。売り上げの一部はごみ減量・リサイクル促進のため仙台市に寄付する。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース