買う

エスパル仙台「エキチカキッチン」リニューアル 中華「過門香」総菜店も

中華レストラン「過門香」のデリショップ

中華レストラン「過門香」のデリショップ

  •  
  •  

 「エスパル仙台」(仙台市青葉区中央1、TEL 022-267-2111)本館地下1階の「エキチカキッチン」が4月19日、リニューアルオープンした。

玄米総菜専門店「寝かせ玄米DELIいろは」

 12年ぶりとなる今回のリニューアル。生鮮3品(青果・精肉・鮮魚)売り場を拡張し、東北初出店や初業態店を含む新規3店、リニューアル12店の計15店をオープン。昨年11月に先行オープンした8店を含む23店舗となった。リニューアルオープン後の延べ床面積は2142.6平方メートル、店舗面積は1370.52平方メートル。

[広告]

 利用客の買い物の利便性を高めるため、果物・青果店「いたがき」、鮮魚店「仙台北辰」、精肉店「ニュー・クイック」の3ショップに加えて、グロサリー「北野エース」も集中レジに加えたほか、レジ袋有料化導入も行った。

 東北初出店の中華総菜専門店「GINZA 過門香(カモンカ)」は、東京・銀座に本店を構えるレストラン「過門香」のデリショップ。レストランやデリショップで人気の中華総菜を中心に、弁当や肉まん、ギョーザや春巻きなど約30種類を取りそろえる。「今後、売れ行きを見ながら商品のラインアップを変えていく」と同店担当者。「中華というと油っこい、胃もたれするなどのイメージがあるが、米油を使用しているのでヘルシー」とも。

 玄米総菜専門店「寝かせ玄米DELIいろは」では、寝かせ玄米と季節のおかずを取り入れた弁当をはじめ、「炊き込み玄米ごはん」(540円~)や国産こうじを使った「糀(こうじ)唐揚げ」(1グラム4円)などを販売。寝かせ玄米のレトルトごはんパックや玄米甘酒、無添加食品も取りそろえる。同店広報担当者は「忙しい現代人に気軽においしく日本の伝統的な食事を楽しんでほしい。玄米は和食だけでなくいろいろな料理と合うということも提案していきたい」と話す。

 営業時間は10時~21時。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?