買う

エスパル仙台に「豆狸」「みやげ菓撰」など64店 本館地下食品フロア刷新

仙台初出店のいなりすし専門店「豆狸」

仙台初出店のいなりすし専門店「豆狸」

  •  

 「エスパル仙台」(仙台市青葉区中央1、TEL 022-267-2111)本館地下1階の食品フロアが11月15日、リニューアルオープンした。

東北6県のさまざまな食をそろえる「みやげ菓撰」

 リニューアルエリアの延べ床面積は約3140平方メートルで、店舗面積は1590平方メートル。「エキチカおみやげ通り(おみやげゾーン)」「エキチカおみやげ通り(デイリー・飲食ゾーン)」「エキチカキッチン」で構成し、新規含め計64店が出店する。「杜(もり)のマルシェ」をコンセプトに、仙台ならではの「食の集積ゾーン」として、来街者も地元客も楽しみながら日常的に利用できる場を創出する。

[広告]

 「エキチカキッチン」に仙台初出店したいなりすし専門店「豆狸(まめだ)」(TEL 022-262-3380)では、「豆狸いなり」や「わさびいなり」(以上97円)など、定番や月替わりの常時7種類を用意。併設するキッチンで作りたてのものを販売する。東京、上野、大宮などに豆狸を展開する阪急デリカアイ(東京都千代田区)の担当者は「新幹線を利用される方から、仙台へも出店してほしいとの声を頂いていた。自宅用や手土産に利用いただければ」と呼び掛ける。

 「エキチカおみやげ通り(おみやげゾーン)」に新規出店した「みやげ菓撰(かせん)」(TEL 022-397-7660)では、「東北のセレクトショップ」として東北6県の菓子・珍味・水産加工品・肉加工品・麺類・漬物・酒・お茶・ジュースなど400~500種類を販売。担当者は「観光客の方はもちろん、通勤やお買い物などで駅を利用される地元の方にも利用いただきたい」と話す。

 営業時間は、「エキチカおみやげ通り(おみやげゾーン)」「エキチカキッチン」=9時~21時、「エキチカおみやげ通り(デイリー・飲食ゾーン)」=7時30分~22時。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?