天気予報

9

1

みん経トピックス

「東北絆まつり」に45万人仙台駅前ホテルの新館開業へ

仙台・市民広場で「タイフェス」 日タイ修好130周年、さらなる友好を

仙台・市民広場で「タイフェス」 日タイ修好130周年、さらなる友好を

ステージではムエタイのデモンストレーションも

写真を拡大 地図を拡大

 仙台市青葉区の勾当台公園市民広場で6月17日・18日、「タイフェスティバル in 仙台 2017」が開催される。主催は、仙台商工会議所青年部の有志を中心に構成する実行委員会。

昨年の会場の様子

 タイ王国の文化や料理のアピールと仙台市と同国の交流発展拡大を目的に、タイ王国大使館公認で2013年から開かれている同イベント。昨年は天候にも恵まれたこともあり、2日間で約6万人来場するにぎわいをみせた。

 会場では、タイの料理や食品、衣料品・雑貨・アクセサリー・楽器の販売、タイ式マッサージなど、県内外から飲食23ブース、物販22ブースが出店する。飲食ブースでは、パッタイ、トムヤムクン、ガパオライス、グリーンカレー、ガイヤーン、タイラーメン、ムーヤンなどのタイ料理や、「シンハービール」「チャーンビール」などを販売。昨年よりブースが増えた分、向かいの勾当台公園にも椅子、テーブルを用意する。

 同国大使館や政府観光庁などのPRブースも出展するほか、ステージでは、タイ人留学生と日本人学生によるタイ伝統舞踊の披露をはじめ、ムエタイのデモンストレーションや、ルーシーダットン(タイ式ヨガ)体験、トークショー、タイ人アーティストの音楽ライブなどを予定する。

 実行委員長の片桐健司さんは「タイと日本は600年以上にわたる交流関係があり、長い間友好関係を維持してきている中、今年の9月には日タイ修好130周年を迎える。これからも友好的な関係を深め、さらに発展していけるよう、この節目の年にふさわしい内容を盛り込みながら、タイの文化や歴史、おいしい食材などタイの魅力を多くの方に知っていただける2日間にしたい」と意気込む。

 開催時間は、17日=10時~20時、18日=10時~19時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

カットした「一本堂」の食パン。左から「一本堂(ぷれーん)」「れーずん」「チーズゆたか」
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

仙台駅周辺以外に仙台経済新聞で記事にしてほしい沿線はどこですか?

アクセスランキング