天気予報

26

20

みん経トピックス

仙台の公園で「タイフェス」仙台・泉にスポーツ複合施設

ホテルメトロポリタン仙台イースト開業へ シングル主体、東北の素材随所に

ホテルメトロポリタン仙台イースト開業へ シングル主体、東北の素材随所に

ワイドシングルの室内。開放感のある大きな窓から市内を見下ろすことができる

写真を拡大 地図を拡大

 仙台ターミナルビル(仙台市青葉区中央1)が6月19日、「ホテルメトロポリタン仙台イースト」(TEL 022-268-2525)をオープンする。

宿泊者専用のフィットネスルーム

 地上14階・地下1階建てで、敷地面積は約2万9000平方メートル、延べ床面積は約1万6630平方メートル(商業施設含む)。5~14階が客室となり、シングル173室、ダブル26室、ツイン79室、スイート2室、ユニバーサル2室の全282室を用意。3階にはレストラン「FOREST KITCHEN with Outdoor Living」、4階には宿泊者専用のラウンジとフィットネスルームを設ける。

 ツインルームの多い西口のホテルメトロポリタン仙台に対し、同館はシングルルームを多く用意した。ホテルメトロポリタン仙台イーストの尾形一郎総支配人は「それぞれビジネスや観光など、お客さまのニーズに合わせて、2つでたくさんのお客さまに対応していきたい」と話す。

 ホテルコンセプトは「東北六感 SENSE OF TOHOKU」。「東北6県の心地よさを感じていただける温かみのあるホテル」を目指し、宿泊客の到着から滞在、出発までのシーンで「期待感」「風土感」「まごころ感」「非日常感」「安心感」「予感」の6つの「感」を提供するという。

 客室コンセプトは「東北六花」。カタクリやベニバナ、チョウカイフスマやアジサイなど、東北各地の花々のカラーを客室の内装デザインに採用。全室バス・トイレを独立させ、浴室にはレインシャワーを導入する。客室備品には「津軽びいどろ(青森)」のグラスや「南部鉄器(岩手)」の鉄瓶など、東北の工芸品を採用。全室禁煙で、客室フロアは宿泊者のみ利用できるようにしてセキュリティーにも配慮する。

 尾形さんは「東北のゲートウエーということで、東北6県の良い素材を取り入れたホテルとなっている。それをご覧いただいて別の東北の地に足を運んでいただき、また戻ってきていただけるようなお客さまをたくさん増やしたい」と話す。

 客室料金は、ワイドシングル(定員2人)=2万5,000円、スーペリアツイン(同3人)=4万円、プレミアツイン(同4人)=4万5,000円、プレミアスイート(同2人)=18万円など。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ズーパラダイス八木山の夜間開園。水面に映るフラミンゴの姿も楽しめる
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

仙台駅周辺以外に仙台経済新聞で記事にしてほしい沿線はどこですか?

アクセスランキング