見る・遊ぶ

仙台うみの杜水族館で恒例企画「日本酒ナイト」 9蔵元参加、特産物使うフードも

蔵元が直接酒を振る舞い来場者と交流する「日本酒ナイト水族館」。写真は前回の様子

蔵元が直接酒を振る舞い来場者と交流する「日本酒ナイト水族館」。写真は前回の様子

  •  
  •  

 夜の水族館で地酒を楽しむ「魚を肴(さかな)に 日本酒ナイト水族館 2019春の宴」が5月25日、仙台うみの杜(もり)水族館(仙台市宮城野区中野4、TEL 022-355-2222)で開かれる。

イベント限定メニュー「オリジナル枡付のお刺身盛り合わせ」

 被災地復興支援企画として2017年9月に初開催され4回目。今回は宮城を代表する港町の気仙沼、石巻、塩釜から6つの蔵元と3つのゲスト蔵元が参加し、蔵元自ら自慢の銘酒や秘蔵酒を振る舞い日本酒の魅力を伝える。

[広告]

 出展蔵元は、「男山本店」「角星」(以上、気仙沼)、「墨廼江酒造」「平孝酒造」(以上、石巻)、「佐浦」「阿部勘酒造」(以上、塩釜)。ゲスト蔵元は、「一ノ蔵」(大崎市)、「蔵王酒造」(白石市)、「朝日酒造」(新潟県長岡市)。

 フードコートでは日本酒に合う地域の特産物を使ったイベント限定メニューを提供。「蛸(たこ)と大根の甘辛煮」「鮭(さけ)ともずくの和(あ)え物」(以上350円)、「三陸産わかめの唐揚げ」「黒毛和牛のメンチカツ」(以上400円)、「おくずかけ」(500円)、「牛タン焼き」(600円)、「オリジナル枡(ます)付のお刺身盛り合わせ」(1,000円)。

 昨年10月の前回は約600人が参加。20代女性の姿が目立つ一方で年配客も多く、毎回参加するファンもいる。「普段水族館にあまり足を運ばれないような日本酒好きの方のよいきっかけになっているようだ」と副館長の和田淳太さん。「日本酒+水族館なので、日本酒好きの方、水族館好きの方、それぞれ楽しみ方のポイントが違うのかも」とも。

 参加した蔵元からも「日本酒を好きになってもらえる良い機会」と好評で、「普段の日本酒イベントにいらっしゃる層とはやっぱり違う、と皆さまおっしゃっている。回を重ねるごとに参加者も蔵元も気合が入っているのを感じる」と和田さん。

 対象は20歳以上。開催時間は18時30分~21時30分(受け付けは18時~、最終入館は21時)。料金は、前売り(入館券、オリジナルグラス、純米酒試飲1杯)=2,800円、当日(入館券、純米酒試飲1杯)=3,000円。試飲追加チケットは、1杯=300円、5杯セット=1,000円。年間パスポートでの入館も可能だが、試飲追加チケットの購入が必要。JR中野栄駅と同館を結ぶシャトルバスを約15分間隔で運行する。運行時間は17時45分~21時45分。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?