見る・遊ぶ

仙台うみの杜水族館の好評企画「おひとりさまナイト水族館」、今年最後の開催へ

6月に行われた前回の「おひとりさまナイト水族館」。延べ400人を超える「おひとりさま」が静かに夜の水族館を楽しんだ

6月に行われた前回の「おひとりさまナイト水族館」。延べ400人を超える「おひとりさま」が静かに夜の水族館を楽しんだ

  •  

 「おひとりさま」ニーズに応えた人気企画「おひとりさまナイト水族館」が12月7日・8日、仙台うみの杜(もり)水族館(仙台市宮城野区中野4、TEL 022-355-2222)で開催される。

気持ちよさそうに眠るモリアオガエル

 「純粋に水族館を楽しみたいおひとりさまのニーズを満たすこと」を目的に、今年1月に初開催したイベント。2回目となった6月22日・23日は2日間で430人が参加。年代は10~50代と幅広く、7割が女性。夜の水族館のシチュエーションを撮影したり、じっくり一つの水槽を眺めたりと、過ごし方はさまざまだという。

[広告]

 副館長の和田淳太さんは「過去2回は大変好評価を頂いている。何よりも『おひとりさまのためのイベントを開催する仙台うみの杜水族館が偉い』との反応がうれしい」と話す。

 「夜の水族館をじっくりと楽しんでいただきたい」と、大水槽「いのちきらめく うみ」エリアに椅子を設置し、アロマとキャンドルライトで雰囲気を演出するなど、通常営業とは異なるサービスを用意。「じっくり鑑賞いただくこと」を基本ポリシーとするが、飼育スタッフがコンシェルジュとなって生き物の魅力を解説する「コンシェルジュサービス」も3人配置する。

 初回から用意する「おひとりさま十則」も成功の要因となっている。「ほとんどの皆さまが周りに気を使ってルールを守って見学していただいている。一部の方におしゃべりなどの行為が見られたので、今一度ルールである『おひとりさま十則』をよく読んでいただき、イベント趣旨をご理解の上、参加いただければ」と和田さん。

 「今年最後、平成最後のおひとりさまナイト。皆さまそれぞれの思いで参加されることと思う。水族館としても皆さまのお役に立てたらと思っているので、一人じっくりと生き物たちに向き合っていただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は両日とも18時~21時30分(最終入館は21時)。料金は、大人=1,800円、中高生・シニア=1,300円、小学生以下不可。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?