「とらのあな」が東北初進出―仙台・クリスロードに7月オープン

「とらのあな仙台店」が7月にオープンするクリスロード内の建物。下のフロアには「ナムコランド」が建設中

「とらのあな仙台店」が7月にオープンするクリスロード内の建物。下のフロアには「ナムコランド」が建設中

  •  

 仙台市のアーケード商店街「クリスロード」内に7月14日、「コミックとらのあな仙台店」(仙台市青葉区中央2)がオープンする。

 「コミックとらのあな」は、虎の穴(本社=東京都千代田区)が運営するアニメ・漫画関連商品の専門店。東京・秋葉原をはじめ全国に14店舗を展開しているが、東北では今回が初出店。「縁があって好立地の物件が見つかったためオープンに踏み切った」(同社)という。

[広告]

 同社では、「競合他店がひしめく地域だが、これまで培ってきた『とらのあな』のカラー・強みを全面的に押し出す」ことで仙台のアニメファンらを取り込む構えで、「地元に根付いた萌え系コンテンツ発信基地になりたい」と意気込みを見せている。

 店舗は建物内3階・4階の2フロアを使用し、店舗面積はそれぞれ約100坪。フロア構成は「未定」だが、同人誌や同人ソフトのほか、雑誌、コミック、PCゲーム、DVDソフトなど幅広い商品を取り扱い、「オリジナル特典が付くアイテムも多数販売する」という。初年度の目標は年商4億円、客数20万人。

 オープン時には「人気作家の描き下ろしテレカプレゼントなどを用意した盛大なオープニングフェア」を開催する予定。同社の広報担当者は「長らくお待たせしてしまったが、『とらのあな』の東北初進出にぜひ期待してほしい」と話している。

とらのあな

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?