天気予報

12

11

みん経トピックス

PR

JR東のポイント、東北でも仙台で「全国うまいもの市」

松島のローカルフードセレクトショップが3周年 宮城の食発信、カキ煎餅も

  • 0
松島のローカルフードセレクトショップが3周年 宮城の食発信、カキ煎餅も

3周年を迎えた松島のローカルフードセレクトショップ「M Pantry」店主の鈴木幸太郎さん

写真を拡大 地図を拡大

 松島の海岸通りにあるローカルフードセレクトショップ「M Pantry(エム・パントリー)」(松島町、TEL 022-349-5141)が2月16日、オープン3周年を迎えた。

「宮城のおいしいもの」を取りそろえる店内

 東日本大震災後、「地元のために何かできることはないか」と松島出身の店主・鈴木幸太郎さんが、妻の貴子さんと2014年に開いた同店。地域の伝統食材や新しい発想から生まれた商品など「宮城のおいしいもの」をセレクトし、松島から発信している。店名は「宮城・松島=M」「貯蔵庫=Pantry」から付けた。

 店舗面積は約10坪。店内には、「宮城・松島の食の貯蔵庫、食のセレクトショップ」をコンセプトに、鈴木さんが実際に味見をして、おいしいと思ったものを厳選して取りそろえる。現在は、仙台みそ・かきしょうゆ・藻塩・ラー油などの調味料、カキやカツオなどを使った水産加工品、しそ巻きや温麺などの名物、地ビールや地酒、コーヒーや和菓子など約90品をラインアップする。

 「納得して購入してもらいたい」との思いから、できる限り試食を用意し、商品の歴史や特徴、生産者の思いなどのエピソードも紹介する。

 名物は、宮城県産ひとめぼれの米粉とカキ丸ごと一粒を使った煎餅「カキとコメと」(焼きたて1枚240円、持ち帰り用1枚250円)。団子状にした米粉の上にカキをのせ、店内の高温プレス機で焼き上げた煎餅で、「味付けはほんのちょっとの調味料だけ。カキの自然なうま味が楽しめる」(同)。季節限定として、現在はユズ味も販売している。

 「(3年は)あっという間だった。お店を知ってもらうこと、新しい宮城の商品を発信していくことなど、まだまだやらなくてはいけないことがたくさんある」と鈴木さん。「僕らもまだまだ知らない商品がたくさんある。まだ知られていないもの、なじみすぎて気付いていないもの、新たな発想で生み出されたものなど、これからも一つ一つ丁寧に発掘していきたい。食を通じて宮城の良さを発信し、地域活性化につなげていければ」と意気込みを新たにする。

 営業時間は9時30分~18時。水曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

水産加工品など女川特産品や工芸品、女川グルメなどを販売する「女川物産展」。昨年の会場の様子
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

仙台駅周辺以外に仙台経済新聞で記事にしてほしい沿線はどこですか?

アクセスランキング