天気予報

20

11

みん経トピックス

仙台三越が東北の商品を発信宮城・松島の食セレクト店

JR東グループのポイントサービス「JRE POINT」、東北に対象エリア拡大

JR東グループのポイントサービス「JRE POINT」、東北に対象エリア拡大

セレモニーにはCMに出演する女優の君島光輝さんと「ショッカー戦闘員」が来場。左はJR東日本事業創造本部の松崎副本部長 ©石森プロ・東映

写真を拡大 地図を拡大

 JR東日本は2月16日、JR東日本グループの共通ポイントサービス「JRE POINT(ジェイアールイー・ポイント)」の対象を東北エリアに拡大した。

カードの配色は館ごとに異なる

 「JRE POINT」は、2016年2月23日に始まったJR東日本グループの共通ポイントサービス。加盟店での買い物や飲食100円(税別)ごとに1ポイントたまり、1ポイント1円相当で使用できるほか、商品券などに交換できる。

 首都圏エリアからスタートし、首都圏近郊、長野・松本と順次サービス拡大を行っていた同社。2017年1月末時点の会員数は約272万人で、2020年までに1100万人の会員を目指す。

 東北エリアでの加盟店は、仙台・福島・郡山・山形のエスパル各店、仙台駅のおみやげ処せんだい、牛たん通り、すし通り、ずんだ小径(こみち)など(一部店舗を除く)、フェザン(盛岡)、あおもり旬味館(新青森)。首都圏なども合わせ、3月末までに72カ所、約4500店舗での利用が可能となる。

 今後は「Suicaポイント」や「ビューサンクスポイント」も同ポイントに共通化していく予定。JR東日本事業創造本部の松崎哲士郎副本部長は「現在システムの検討を行っている。1~2年以内には何とか実現したい」と話す。

 入会費・年会費無料。対象は12歳以上(小学生を除く)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

「住みたい街ランキング 仙台版」3位の泉中央駅前。「仙台の副都心として商業施設が密集しており、車がなくても何不自由なく暮らすことができる」(40代男性)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング