見る・遊ぶ

仙台空港駅のトイレに「むすび丸」ラッピング ファンの間で話題に

仙台空港駅のトイレのふたにあしらわれている「むすび丸」

仙台空港駅のトイレのふたにあしらわれている「むすび丸」

  •  
  •  

 仙台空港アクセス線・仙台空港駅構内に仙台・宮城観光PRキャラクター「むすび丸」をデザインしたトイレが設置されており、むすび丸ファンの間で話題を集めている。

 2007年3月に開通した同線。最速17分・各駅停車25分で仙台駅と仙台空港を結び、1日上下線80本(40往復)を運行。1日平均9000人、年間約330万人が利用している。

[広告]

 同線を運営する仙台空港鉄道(名取市)では今年3月、同駅の男子・女子トイレの個室トイレ計5カ所にシャワートイレを導入。併せて、むすび丸をデザインしたトイレのラッピングを施した。泰光住建(泉区長命ケ丘1)が独自で研究・開発しているトイレのラッピングを同社に売り込んだことがきっかけで、「なかなか面白いのではないかと検討した結果、導入の運びとなった」と同社総務部総務課担当者は話す。

 白地と黄緑色の水玉模様の上に甲冑(かっちゅう)バージョンのむすび丸のイラストをシャワートイレのふた部分にあしらった。「東北地方の拠点空港である仙台空港は海外や県外から多くのお客さまにお越しいただいており、宮城を訪れるのが初めてのお客さまに『このキャラクターは何?』という話題作りや、宮城県やアクセス鉄道の知名度アップにつながるのではないかとの期待を込めた」という。

 設置後、むすび丸ファンを中心にツイッターやブログなどで話題を集め、駅係員への問い合わせもあるという。「あえて当社からのPRは行っていないが、むすび丸は人気があるので、県内からも鉄道に乗って見に来ていただけるのではないか」と同担当者。むすび丸本人も「トイレのふたにおむすびが並んでると思ったら、ボクだったのでビックリ!『トイレといったらむすび丸』って言われるくらい、もっと増えたらうれしいな」と期待を寄せている。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?