食べる

仙台・南町通に居酒屋「博多でべそ」 野菜巻き串やもつ鍋など博多名物料理提供

厨房を囲むコの字型のカウンター席

厨房を囲むコの字型のカウンター席

  •  

 仙台・南町通沿いに2月8日、居酒屋「博多串焼き・もつ鍋 博多でべそ」仙台南町通店(仙台市青葉区中央3、TEL 022-399-8116)がオープンした。

博多名物の野菜巻き串

 仙台駅前の和食ダイニング「かまくら」(中央1)やスパニッシュイタリアン「タパスブランコ」(同)など、全国で飲食店を展開するリン・クルー(東京都中央区)の新業態。

[広告]

 同社広報担当の三上裕巳さんは「東日本で九州の郷土料理・居酒屋が浸透し、『かまくら』で提供している明太(めんたい)もつ鍋が高評価を頂いていることもあり、九州業態での出店を決めた」と話す。「仙台では焼き鳥文化が根付いていることから、特徴的な博多の焼き鳥スタイルをメインにした」とも。

 店舗面積は約30坪、席数はカウンター16席、テーブル36席。関口学志店長は「串焼きのライブ感が間近で堪能できスタッフともお話しいただける、すし店のようなカウンター席が人気」と話す。

 主力メニューは、野菜を薄い豚ばら肉で巻いた「野菜巻き串」と、鶏・牛・豚・野菜・魚介などを使った「博多串焼き」。野菜巻き串は、「肉巻きおにぎり」(216円)、「山いもしそ巻き」(248円)、「タコス巻き」(280円)、「レタス巻き」「わけぎ巻き」「すきやき」(以上410円)など。博多串焼きは、「よつみ(鶏もも)」「せせり」「豚バラ」(以上172円)、「白レバー」(237円)、「アボカド」(324円)など。

 「酢もつ」(496円)、「チキン南蛮」(734円)、「筑豊ホルモン炒め」(928円)、「炊き餃子(ギョーザ)」(1,058円)、「もつ鍋」(しょうゆ・みそ、各1人前1,598円)、「博多明太もつ鍋」(1人前1,922円)、「炙(あぶ)り〆さば」(820円)、「馬のレバ刺し」(1,382円)なども提供。ハート型に整えためんたいこの上にメッセージを添えられる「ハートの明太もつ鍋」(1人前1,922円、注文は2人前~、前日までに要予約)は、記念日などのサプライズメニューとしての需要を狙う。

 ドリンクは、ビール、ハイボール、酎ハイ、ワイン、カクテル、焼酎、果実酒、日本酒など約100種類。レモン丸ごと1個分のレモンスライスを凍らせて氷代わりに使った「凍結まるごとレモンサワー」(594円)を名物に打ち出す。

 25歳前後からのオフィスワーカーをターゲットに据え、客単価は3,000円~3,500円。関口店長は「うまかもんの宝庫、博多・九州の料理を仙台で楽しめる。インスタ映えする料理やドリンクもあるので、写真に収めてもらえれば」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は17時~23時(金曜・土曜・祝前日は23時30分まで)。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?