食べる

仙台駅に岩手・遠野ジンギスカン専門店 生ラム肉を焼いて南部鉄器で提供

定番メニューの「ラム肩ロース定食」

定番メニューの「ラム肩ロース定食」

  • 97

  •  

 遠野ジンギスカン専門店「鉄板じんぎすかん 遠野食肉センター」(仙台市青葉区中央1、TEL 022-399-8081)が3月28日、JR仙台駅西口1階の新飲食店ゾーン「tekute dining(てくてダイニング)」にオープンした。

「鉄板じんぎすかん 遠野食肉センター」店内

[広告]

 1967(昭和42)年創業の「遠野食肉センター」(岩手県遠野市)の新業態。店舗面積は約30坪。席数は、カウンター=9席、テーブル=42席。

 生後1年未満のオーストラリア・ニュージーランド産子羊の生肉をスタッフが鉄板で焼き上げ、南部鉄器に載せて提供する。同社広報担当者は「赤身と脂身のバランスが優れたラム肩ロースのミルキーでジューシーな素材の味を楽しめるよう素焼きして、肉のうまみを引き立てる自家製たれにつけて食べてもらうのが特徴」と話す。

 メニューは、定番の「ラム肩ロース定食」(1,880円~)をはじめ、「ラムハンバーグ定食」(1,580円)、「ラムショルダー定食」(1,680円~)、「ラムランプステーキ定食」(2,180円~)、「ラムスパイスカレー定食」(1,280円)などの定食を用意する。

 このほか、「ラムもつチャンジャ」「ラムの麻辣(マーラー)そぼろとパリパリピーマン」(以上480円)、「ラムメンチカツ」(580円)、「ラムスパイス炒め」「ラムの自家製ハム」(以上680円)、「ラムミルフィーユチーズカツ」「ラムホルモン味噌(みそ)炒め」(以上780円)など、ラム肉を使った一品料理やつまみなどを用意する。

 ドリンクは、遠野産ホップを一部使った「いわて蔵ビール みちのくレッドエール」(680円)、「山椒(さんしょう)ジンサワー」「遠野塩麹(こうじ)レモンサワー」「遠野山葵(わさび)レモンサワー」「カッパのジンサワー」「遠野甘酒ビア」「遠野山ぶどうビア」(以上580円)、「遠野トマトのレッドアイ」(680円)のほか、ビール、ワイン、ハイボール、サワー、日本酒、焼酎、梅酒、ウイスキーなどを提供する。

 客単価は2,500円。仙台市民をはじめ駅利用者や観光客が多く、遠野出身者や外国人旅行者の利用もあるという。「東北の玄関口に出店したことでより多くのお客さまに届けることができていると実感している」と担当者。

 営業時間は11時~22時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース