見る・遊ぶ

仙台・イービーンズで海洋堂「エヴァンゲリオン」フィギュア展 ジオラマ83点展示

「最深部決戦」遠隔操作されたエヴァ弐号機が行く手を阻む中、シンジは必死にカヲルへ呼び掛ける

「最深部決戦」遠隔操作されたエヴァ弐号機が行く手を阻む中、シンジは必死にカヲルへ呼び掛ける

  •  
  •  

 仙台駅前の商業施設「イービーンズ」(仙台市青葉区中央4、TEL 022-266-2222)9階・杜(もり)のイベントホールで6月17日から、「海洋堂 エヴァンゲリオン フィギュアワールド 2016」が始まった。

綾波レイの等身大フィギュア

 1995年のテレビアニメシリーズ放送当初から、エヴァンゲリオン(以下、エヴァ)のフィギュア製作を手掛けてきた海洋堂(大阪府門真市)。同展では、エヴァの映像世界を同社の可動フィギュア「リボルテックシリーズ」によるジオラマで立体化し、照明や演出効果を用いて、テレビシリーズや劇場版のさまざまな名シーンを再現する。

[広告]

 展示するボックスジオラマは、「対面」「落下」「自力の生還」「心身離脱」「最強の使徒現る」「覚醒そして解放」「第2の使徒 リリス」「アスカ参上!」「最後のシ者」「最深部決戦」「Air」「笑顔」「あと1枚っ!」「抱擁」など83点。綾波レイの等身大フィギュアや初号機の大型フィギュアも展示する。会場内は撮影可能。「可動フィギュアならではの動きの再現や箱形ジオラマの照明による演出など、フィギュアで再現されたエヴァの世界をお楽しみいただければ」と同展担当者。

 期間中、会場外に同イベント記念ショップと「EVA T PARTY」を併設。フィギュア、Tシャツ、ステッカー、クリアファイル、タオル、クッション、アクセサリー、キーホルダー、スマホケースなど300点以上のエヴァグッズを販売する。カフェも設け、オリジナルコースター付きのコラボドリンク「零号機ドリンク(ラズベリー入りオレンジマンゴースムージー)」「初号機ドリンク(同、巨峰スムージー)」「2号機ドリンク(同、グラナディンシロップのソーダ割り)」(以上600円)を用意する。

 開催時間は10時~18時(最終入場は17時30分)。入場料は、大人(高校生以上)=700円、子ども(小・中学生)=500円、未就学児は無料。7月18日まで。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?