買う

「無印良品」仙台ロフト店がリニューアル 東北最大級の売り場面積と品ぞろえに

リニューアルした「無印良品」仙台ロフト店。各売り場に関連書籍をまとめた「MUJI BOOKS」コーナーを設ける

リニューアルした「無印良品」仙台ロフト店。各売り場に関連書籍をまとめた「MUJI BOOKS」コーナーを設ける

  •  

 仙台ロフト(仙台市青葉区中央1)6階の「無印良品 仙台ロフト店」(TEL 022-711-6202)が5月28日、リニューアルオープンした。

購入した布製品に刺しゅうを施す「刺繍工房」

 2003年12月のオープン以来、20~40代の女性を中心に、学生や会社員など幅広い層に支持されている同店。今回の改装で店舗面積は232坪から407坪へと増床し、約5500アイテムを取り扱う東北最大級の店舗となった。併せて、「商品だけでなく、サービスやイベントを通して東北のお客さまへ無印良品を伝えていくこと」を目的にさまざまな取り組みを導入する。

[広告]

 国内店舗では4店舗目、東北では初となる「MUJI BOOKS」では、売り場ごとに関連書籍を集め、トータルで約6500冊の書籍を取り扱う。中国のインディペンデント出版レーベル「読庫(どくこ)」のノートブックもそろえる。

 同店で購入した布製品に200種類以上のマークや文字を刺しゅうする有料サービス「刺繍(ししゅう)工房」(500円~)、好きな香りのタイプとイメージに合わせて48種類から選んだアロマオイルをその場でブレンドする「香り工房」、「無印良品が考えていることを提案し、お客さまとともに考え、会話し、活動する」というコミュニケーション空間「Open MUJI」、無印良品のインテリアアドバイザーが利用客の暮らしに合わせた空間づくりをサポートする「インテリア相談カウンター」なども設置する。

 「お客さま一人一人の暮らしの発見やヒントがたくさん見つかるはず。これまで仙台になかったサービスを体感しに店舗へお越しいただければ」と吉田真一朗店長。「東北の食や伝統文化、地域のクリエーターの方の活動を紹介していきたい」とも。

 営業時間は10時~21時。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?