食べる

仙台・勾当台公園で恒例「鍋まつり」-13市町村自慢の味を100円・200円で

昨年の「鍋まつり」の様子。初日は雨に見舞われたが、2日間で9613杯を売り上げた

昨年の「鍋まつり」の様子。初日は雨に見舞われたが、2日間で9613杯を売り上げた

  •  

 仙台市青葉区の勾当台公園市民広場で11月6日・7日、仙台圏域13市町村の鍋料理を一堂に集めた秋の恒例イベント「仙臺(だい)鍋まつり」が開かれる。主催は仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会仙台地域部会。

多賀城市の「多賀城やかもち鍋」

 地域食材のPRと消費拡大、各地域への誘客を目的に2007年から開催している同イベント。地域の特産品を具材として盛り込んだ各市町村「自慢の鍋」を販売するのが特徴で、毎年多くの市民や観光客でにぎわいを見せる。

[広告]

 販売する鍋は以下の13種類。塩竈市「藻塩入り 塩竈汁」、亘理町「サケのあら汁」、大和町「舞茸汁」、大郷町「モロヘイヤしんこ餅鍋」、富谷町「十三夜(とうみや)吟醸鍋」、大衡村「キムチ鍋」(以上100円)、仙台市「芋煮」、名取市「ゆりあげ浜やのあんこう鍋」、多賀城市「多賀城やかもち鍋」、岩沼市「岩沼水神はっと鍋」、松島町「かき鍋」、七ヶ浜町「ボッケ鍋」、利府町「かき鍋」(以上200円)。2日間で延べ1万2000杯を用意。一番人気の鍋を決める「仙臺鍋グランプリ」も今年初めて実施する。

 おにぎり・おこわ・「はらこめし」などのご飯ものも販売。会場では併せて、「塩竈おでん」(200円)や塩竈産かまぼこ・揚げかまぼこなどの詰め合わせ(1パック500円)を販売する「おでんまつり」と、農産物販売会「仙台市エコファーマーフェア」も行う。

 「仙台地域のおいしい食材を使った自慢の鍋を味わっていただき、各地の魅力を知っていただきたい」と同イベント担当者。「仙台圏域を巡り、バラエティー豊かなグルメを味わってもらうきっかけになれば」と期待を寄せる。

 開催時間は11時~14時(売り切れ次第終了、エコファーマーフェアは10時~15時)。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?