食べる

仙台・勾当台公園で「みやぎまるごとフェス」-4会場で宮城特産品販売

昨年の「みやぎまるごとフェスティバル」。2日間で延べ13万5000人が来場した

昨年の「みやぎまるごとフェスティバル」。2日間で延べ13万5000人が来場した

  • 0

  •  

 仙台市青葉区の勾当台公園など4会場で10月19日・20日、秋の恒例イベント「みやぎまるごとフェスティバル」が開かれる。

宮城県庁1階フロアでは農林産物や花の品評会も

 宮城県内の農林水産物や加工品、工芸品などの展示・販売・実演を通して、県産品の消費拡大と地場産業の振興を図る同イベント。2000年に初めて開催され、今年で14回目。昨年は2日間で延べ13万5000人が来場した。

[広告]

 会場は勾当台公園、市民広場、宮城県庁1階フロア、県庁前駐車場。主な内容は、勾当台公園=県内の専門高校による活動紹介や開発商品の試食・販売、宮城の銘柄牛・豚のPR、ギンザケの水槽展示・試食。市民広場=県産米や農産物のPRと販売、弁当・揚げ物・加工品・菓子・乳製品の販売。宮城県庁1階フロア=「農林産物」と「花き」の品評会、伝統的工芸品の展示・販売、かまぼこの手作り体験、清酒鑑評会。県庁前駐車場=海産物・水産加工品・そば・ドレッシング・豆腐・菓子など23市町村の特産品販売。

 市民広場ではステージイベントも行う。19日=「仮面ライダー鎧武/ガイムショー」、気仙沼のご当地アイドル「SCK GIRLS」のライブ、宮城県出身の声優・山寺宏一さんら「びっきの会」によるライブなど。20日=「5大平成仮面ライダーショー」、フリーパーソナリティーの本間秋彦さん・岩手佳代子さんによるトークショーなど。

 県食産業振興課の担当者は「人の温かさ、多彩な食材、高度な技術、豊かな自然など、出展者が持ち寄る宮城の素晴らしい資源を、多くの来場者に新発見・再発見していただくことで、宮城をもっと好きになってもらえれば」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~16時。入場無料。

Stay at Home