3密を避けて新しい生活様式へ!

南三陸町の「オクトパス君」、売れ行き40倍に-「置くとパス」で合格祈願

南三陸町の「BOXショップ汐風カフェ」に並ぶ「オクトパス君」

南三陸町の「BOXショップ汐風カフェ」に並ぶ「オクトパス君」

  • 0

  •  

 南三陸町観光協会(南三陸町、TEL 0226-47-2550)が販売しているタコをモチーフにした文鎮「オクトパス君」が、受験生を抱える親から人気を集めている。

急激な注文増に製造現場も大わらわ

 同協会が運営する「BOXショップ汐風カフェ」(同、TEL 090-7077-2550)で2009年から販売している同商品。南三陸町(旧志津川町)は「西の明石、東の志津川」といわれるタコの名産地であることから、英語の「オクトパス」と「(机の上に)置くと(受験に)パス」という願いを込め、合格祈願グッズとして製作した。

[広告]

 昨年まで月10個程度の売れ行きだったが、今年1月に県内のメディアで紹介されたことをきっかけに問い合わせが急増。1カ月半で約400個を売り上げ、売り切れになることもあるという人気ぶり。購入者のほとんどは受験生を持つ家族で、「遠く離れている受験生のお孫さんのために購入されていくケースもある」(同協会クラフト開発部主任・菅原きえさん)という。

 商品は全て手作りで、コンクリートをタコ型に固めたものに一つひとつ色付けを行う。発売当初は大と小の2種類のみだったが、現在は特大・大・中・小・ミニの5サイズを用意。価格は280円~780円(ハチマキ・のぼり旗・置台セットは別売り200円)。

 菅原さんは「オクトパス君を机の上に置いていただき、勉強に行き詰まった時などにオクトパス君のとぼけた表情に癒やされてほしい。スタッフ一同、心を込めて作っているので、受験や就活で頑張っている人たちの一助になれば」と期待を寄せる。「南三陸町の名産・タコを広く全国の方々にも知ってもらえたら」とも。

 販売個所は「BOXショップ汐風カフェ」のみだが、希望者には郵送販売も行う。同店の営業時間は10時~16時。月曜定休(祝日の場合は翌日)。

ピックアップ

Stay at Home