見る・遊ぶ

せんだい農業園芸センターで夜間開園 ヒマワリ花壇をLED電飾で幻想的に演出

LEDで彩られたヒマワリ花壇(写真提供=せんだい農業園芸センター)

LEDで彩られたヒマワリ花壇(写真提供=せんだい農業園芸センター)

  • 24

  •  

 「せんだい農業園芸センター みどりの杜(もり)」(仙台市若林区荒井字切新田、TEL 022-288-0811)で8月5日、夏休みに合わせた夜間開園企画「みどりの杜サマーイルミネーション」が始まった。

仙台七夕まつりに合わせて吹き流しも

[広告]

 季節ごとにメイン花壇の植え替えを行っている同施設。夏季は約1200平方メートルのメイン花壇一面に約3200株のヒマワリを植栽し、来園者の目を楽しませている。現在は「サンフィニティ」と「サンビリーバブル」の2種類のヒマワリが見頃という。

 イルミネーションは「宇宙」をテーマにヒマワリ花壇を星形にデザインし、ブルーやグリーンなど約8万球のLED電球で幻想的に演出する。

 期間中は、くじ引きや光るグッズを販売する縁日・物販コーナーや、ビールやたこ焼き、フライドポテト、かき氷、冷やしパイン、ローストチキンレックなど夏祭り気分を楽しめる飲食コーナーも用意する。

 同施設広報担当者は「期間中は普段入れない花壇内まで入ることができ、至近距離でヒマワリと写真撮影ができる。イルミネーションに照らされたヒマワリの新たな魅力を観賞してもらえれば」と呼びかける。

 期間中の木曜~日曜に開催する。開催時間は18時~21時(最終入場は20時30分)。入園料は、大人(高校生以上)=800円、小人=200円、2歳以下無料。新型コロナウイルス感染拡大防止策として会場内の人数を制限し、ウェブサイトからの事前予約制で行う。来場者には小まめな手指消毒とマスクの常時着用、ソーシャルディスタンス確保を呼びかける。今月21日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース