食べる

仙台・富沢にフルーツカフェ&タルト店 福島の老舗果物店が出店

白と淡い色合いの木目を基調に3面ガラス張りで開放感のある店内。グループで利用できるソファ席も

白と淡い色合いの木目を基調に3面ガラス張りで開放感のある店内。グループで利用できるソファ席も

  •  

 フルーツカフェ&タルト店「fruits peaks(フルーツピークス)」仙台富沢店(仙台市太白区富沢字熊ノ前、TEL 022-724-7486)がオープンして3カ月がたった。

ランチタイムの「果物屋さんの賢美フルーツパスタ」

 運営は、1924(大正13年)年創業の老舗果物店「フルーツショップ青木」を展開する青木商店(福島県本宮市)。2004年2月、福島県郡山市中町に1号店をオープンし、現在は福島を中心に宮城・茨城・埼玉・東京に16店舗を展開している。

[広告]

 仙台ではこれまでジューススタンドや商業施設内の「フルーツピークス」を展開してきたが、「よりブランドイメージ・世界観を訴求できるように」と、ロードサイドの独立店として7月24日に仙台富沢店を開いた。店舗面積は約130坪、席数は82席(テラス席含む)。フルーツショップ青木も併設する。

 「お隣宮城県のお客さまにもフルーツをもっと身近に感じてもらい、フルーツの本当のおいしさを味わっていただきたい」と同社担当者。フルーツマイスター旬の産地から厳選し、熟度管理した完熟フルーツをタルトやパフェ、食事など、さまざまな形で提供する。

 「秋のフルーツピークス」(1ピース580円)、「雪月果」「シャインマスカットクリームチーズ」(以上、同690円)など、フルーツをふんだんに使った15種類のタルトをはじめ、サンドイッチやパフェ、パスタやカレーなどを提供。ドリンクは、フルーツジュースやスムージー、紅茶・コーヒー、ビール・ワイン・カクテルなどを用意する。

 ランチタイム(11時~15時)は、「果物屋さんの賢美マンゴーカレー」(1,380円)、「果物屋さんの賢美フルーツパスタ」(1,480円)、「オルトラーナ菜園風トマトソース」(1,580円)など6種類の「フルーツサラダランチ」を提供。いずれも賢美フルーツサラダ、特製フルーツスープ、コーヒーか紅茶が付く。

 約9割が女性客で、週末はファミリー層が多く来店しているという。担当者は「四季折々のおいしいフルーツをご提供している。フルーツ専門店として、皆さまに笑顔と健康をお届けできれば」と話す。

 営業時間は9時~21時。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?