見る・遊ぶ

「Hey! Say! JUMP夏タビ宮城」スタンプラリー 最終エリアは仙台・松島

9日には県庁行政庁舎1階の県民ロビーで「Hey! Say! JUMP夏タビ宮城スタンプラリー」特別企画が行われた

9日には県庁行政庁舎1階の県民ロビーで「Hey! Say! JUMP夏タビ宮城スタンプラリー」特別企画が行われた

  •  

 ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ「Hey! Say! JUMP」を起用した観光キャンペーン「Hey! Say! JUMP夏タビ宮城」のスタンプラリーが9月1日から、仙台・松島エリアを対象に行われている。

Hey! Say! JUMPのポスターに使われた「宮城県の扉」

 観光キャンペーンは宮城県とHey! Say! JUMPが今年5月から共同で展開。スタンプラリーはその一環として、これまで三陸エリア(5月24日~6月30日)、県北エリア(7月1日~31日)、県南エリア(8月1日~31日)を対象に行ってきた。8月末現在の有効会員数は7932人、スタンプ獲得回数は計1万4925回。

[広告]

 最終実施エリアとなる仙台・松島エリアの対象施設は、宮城県庁内宮城県観光情報発信センター(仙台市)、みなとオアシス・マリンゲート塩釜(塩竈市)、ゆりあげ港朝市メイプル館(名取市)、松島蒲鉾(かまぼこ)本舗 多賀城工場(多賀城市)、岩沼みんなの家(岩沼市)、カフェベイランド(松島町)の6カ所。

 会員登録を行った後、会員ページにログインし、参加施設に設置された特設パネルのQRコードを読み取るとスタンプを1つ獲得。スタンプ1・2個で各交換所の「お楽しみプレゼント」、3個で「オリジナルロゴハンドタオル」を進呈。6個全て獲得すると「宮城の特産品詰め合わせ」が当たる抽選に自動エントリーされる。

 今月30日まで。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?