天気予報

13

10

みん経トピックス

PR

宮城のイラスト作家が防災本仙台にばいきんまん秘密基地

観光ループバス「るーぷる仙台」新車両運行へ 政宗公450年記念号と市電カラー

  • 0
観光ループバス「るーぷる仙台」新車両運行へ 政宗公450年記念号と市電カラー

3月14日に勾当台公園でお披露目された「るーぷる仙台」の新車両「伊達政宗公450年記念号」(左)と「市電カラー」

写真を拡大

 仙台市が3月15日、仙台観光シティーループバス「るーぷる仙台」の新車両「伊達政宗公450年記念号」と「市電カラー」の運行を始める。

お披露目には伊達武将隊の伊達政宗さんも駆け付けた

 「るーぷる仙台」は、仙台駅前を起点に市内中心部の観光スポットを結ぶ巡回バスで、レトロ調の外観と内装が特徴。1999年5月に運行を始め、年間40万人以上が利用。2015年9月には累積利用者数500万人を達成した。現在、9時の始発から16時の最終まで、平日は20分間隔、土曜・日曜・祝日と8月は15分間隔で運行している。

 「伊達政宗公450年記念号」は、今年が伊達政宗公誕生450年に当たることを記念した新車両。仙台藩の歴代藩主が所用した「山形文様陣羽織」をイメージした車体のカラーと、前面に施した伊達政宗公のかぶとの前立てが特徴。シートには赤色を採用した。

 「市電カラー」は、1976(昭和51)年3月まで約50年間、市民の足として活躍した仙台市電が昨年開業90年を迎えたことを記念したもの。車両には「モハ100型」をモチーフにした緑・オレンジ・クリーム色、シートには緑色を採用する。

 新車両の導入は昨年3月以来1年ぶり。仙台市文化観光局観光課担当者は「いままで以上に凝ったものにしたいと考えた。ナンバープレートも、伊達政宗公誕生450年と市電のモハ100型にちなんだナンバーになっている」と話し、利用を呼び掛ける。

 両車両とも仕様は、ノンステップ、車いす用スロープ・アイドリングストップ装置付き中型で、50人乗り。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

仙台駅周辺以外に仙台経済新聞で記事にしてほしい沿線はどこですか?

アクセスランキング