3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

せんだい農業園芸センターの梅が見頃 春の陽気に臥龍梅満開、来園者も増加

新型コロナウイルスによる世の中の閉塞感を打ち破るかのように咲き誇る臥龍梅

新型コロナウイルスによる世の中の閉塞感を打ち破るかのように咲き誇る臥龍梅

  •  
  •  

 「せんだい農業園芸センター みどりの杜(もり)」(仙台市若林区荒井字切新田)梅園で現在、呼び物の「臥龍梅(がりゅうばい)」が満開となっている。

来園客が散策を楽しむ園内の様子

 白梅や紅梅など色も形もさまざまな約60種・125本の梅を栽培する同園。「臥龍梅」は、仙台藩主伊達政宗公が1593年征韓の役に出陣した際に朝鮮から持ち帰り、若林城(現在の宮城刑務所)に移植したと伝わる梅の木の2世で、梅園の中でも特に親しまれている。

[広告]

 梅の開花は昨年より1週ほど遅い1月13日に初めて確認された後、暖冬の影響で開花が加速。現在では全体の8割程度が開き、うち4割ほどが見頃となっている。特に臥龍梅は「例年、今ごろ1輪目の開花なのに対し、今年はここ2~3日で開花がぐっと進み、すでに満開」と広報担当者。

 新型コロナウイルスの影響による来園者の減少が心配されたが、むしろ昨年の同時期と比べて平日は2倍ほど、土曜・日曜は2~3割ほど多く、暖かな日差しの中で散策を楽しんだり、梅を写真に収めたりしている姿が見られる。担当者は「無料で入れる公園施設で風通しも良い立地のためか、来園者が増加傾向にあり、想定外の出来事」と驚きを隠さない。

 3月20日~29日は毎年恒例の「梅を観(み)る会」を開く。催し物は一部延期または中止。「梅の花の咲き進みが早く、会が始まる20日ごろには見頃のピークを迎えそう」と同担当者。「梅園には多くの品種の梅があり、それぞれ違った開花時期と花色を楽しめる。梅のもう一つの特徴でもある香りも楽しんでほしい。春の訪れを感じていただければ」と来園を呼び掛ける。

 梅園の開園時間は9時~17時。月曜定休(祝日の場合は翌日)。入場無料。

Stay at Home