食べる

仙台フォーラスに原宿のチーズティー専門店「フォーチュナーティーボックス」

「チーズ鉄観音烏龍茶」(右)と「チーズオリジナルミルクティー(タピオカ入り)」を手にするスタッフ

「チーズ鉄観音烏龍茶」(右)と「チーズオリジナルミルクティー(タピオカ入り)」を手にするスタッフ

  •  
  •  

 東北初出店となるチーズティー専門店「FORTUNER tea-box(フォーチュナーティーボックス)仙台FORUS店」(TEL 022-264-8013)が7月26日、仙台フォーラス(仙台市青葉区一番町3)1階にオープンした。

仙台フォーラス1階の「フォーチュナーティーボックス」

 FORTUNER JAPAN(東京都港区)が日本独自のお茶文化を発信したいと2018(平成30)年8月、東京・原宿に1号店をオープン。その後表参道、名古屋・大須に店舗を展開し、女子高生や女子大生など若い女性を中心に支持され、原宿店は外国人観光客の利用も多いという。さまざまな都道府県から出店の依頼がある中、「うちのチーズティーが名古屋以外の地方でどこまで挑戦できるかというところで、まずは東京から近い仙台を選択した」(同社担当者)という。

[広告]

 チーズティーは台湾の屋台発祥とされるドリンクで、すっきりとしたお茶に相性の良いチーズフォームをふんだんに注ぎ、岩塩をトッピングする。「舌触りも滑らかな味わいが特徴で、ふわふわとしたチーズがやみつきになる」と担当者。

 同店では「チーズ鉄観音烏龍(ウーロン)茶」「チーズ四季春茶」(以上、M=450円、L=570円)、「チーズオリジナルミルクティー」「チーズ林檎ほうじ茶ミルクティー」(以上、M=490円、L=590円)、「チーズオレンジティー」(M=550円、L=650円)、「チーズストロベリーティー」「チーズマンゴーティー」(以上、M=650円、L=750円)など、10種類のチーズティーをテークアウトで販売する。

 甘さ(無糖・控えめ・普通・多め)と氷の量(氷なしは80円増し)を選べるほか、タピオカ(80円増し)、チーズフォーム追加(100円増し)、チーズフォーム抜き(100円引き)などのカスタマイズにも対応する(価格は全て税別)。

 リッド(ふた)は、ストローを使っても使わなくても飲める「スマートリッド」と、ストローを使わず直接飲む「ダイレクトリッド」の2種類を用意する。「おすすめの飲み方は、チーズフォームの風味を最大限に感じられるダイレクトリッドスタイル。まるでビールを飲んだかのようなチャーミングな口ひげができるので、カップルや友達と写真を撮って楽しまれる方も多い」と担当者。

 「タピオカを入り口にチーズティーというドリンクを知っていただき、そこからお茶の味わいももっと知っていただきたい。若い女性はもちろん、ファミリー層、年配の方まで幅広く利用いただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は10時~20時。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?