食べる

閖上にイチゴスイーツ専門店「いちびこ」 都外初出店、山元町産イチゴ使う

一番人気の「いちびこミルク」と定番の「いちごサンド」

一番人気の「いちびこミルク」と定番の「いちごサンド」

  •  
  •  

 イチゴを使ったスイーツの専門店「ICHIBIKO(いちびこ)」(TEL 022-226-7405)が名取市閖上の商業施設「かわまちてらす閖上」にオープンして2カ月がたった。

イートインスペースも設ける「いちびこ」店内

 いいね(東京都渋谷区)が2017(平成29)年7月に太子堂店(世田谷区)を初出店以降、三軒茶屋店、桜新町店、代々木上原店を展開する「ICHIBIKO」。都外初店舗として、4月25日に閖上店を開いた。

[広告]

 親会社はイチゴの名産地、山元町の復興に取り組む農業生産法人GRA。山元町で栽培された複数品種の統一ブランド「ミガキイチゴ」を中心に、山元町産のイチゴを使った季節ごとのドリンクやスイーツメニューを提供。テークアウトをメインに、イートイン用に4席を設ける。

 スイーツは、濃厚プリンに自家製イチゴジャムをのせた「いちごのプリン」(400円)、食パンに生クリームとイチゴを挟んだ「いちごサンド」(420円)、自家製イチゴジャムとバターをのせた「ICHIBIKO TOAST」(単品450円、モーニングセット550円)、生クリーム・餡(あん)・イチゴの砂糖漬けを求肥(ぎゅうひ)で包んだ「クリームいちご大福」、イチゴソースとイチゴをのせた「ストロベリーソフトクリーム」(以上500円)、氷と冷凍イチゴを削ったものに練乳と自家製イチゴソースをトッピングした夏季限定の「ICHIBIKO氷」(850円)などを提供。

 ドリンクは、刻んだイチゴを一晩砂糖漬けにしたものに牛乳を合わせた一番人気の「いちびこミルク」(741円)をはじめ、「ストロベリーレモンスカッシュ」「ストロベリーミルクスムージー」(以上700円)、ホットコーヒー(400円)、アイスコーヒー、オーガニックティー(以上420円)などを用意する。

 佐藤幸代店長は「震災で大きな被害を受けた閖上を盛り上げるという意味でも、この地に何度も足を運んでいただけるような店づくりをしていきたい。たくさんのお客さまに山元のイチゴを食べていただいて、山元町にも立ち寄っていただけたら」と話す。

 営業時間は9時~18時。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?