食べる

仙台駅に駅弁新商品「伊達のかきめし」 ひもを引く加熱式で「熱々ふっくら」に

かきご飯の上に伊達の釜ゆでかきが5個のった「伊達のかきめし」

かきご飯の上に伊達の釜ゆでかきが5個のった「伊達のかきめし」

  •  
  •  

 仙台の老舗弁当メーカー「こばやし」(仙台市宮城野区小田原3)が7月29日、JR仙台駅で宮城県産カキを使った駅弁「伊達(だて)のかきめし」の販売を始めた。

パッケージには松島・五大堂のイラストをあしらう

 1920(大正9)年創業、弁当・料理品・総菜の製造・販売を手掛ける同社。「網焼き 牛たん弁当(加熱式)」「厚切り真たん牛たん弁当(非加熱式)」「新みやぎ三陸黄金海道」「むすび丸弁当」など、現在18種類の駅弁を製造・販売している。

[広告]

 新商品「伊達のかきめし」は、「網焼き 牛たん弁当」と同じタイプの加熱容器を採用した弁当。包装を解かずにひもを引き抜くと加熱が始まり、7分待ってから開けて食べる。こばやし担当者は「かきめしを熱々で食べられる弁当が今までなかったことから、加熱式容器を使った商品を企画した。広島に負けない宮城の良質なカキを、手軽に食べられる弁当の形にして全国に発信したい」と意気込む。

 カキの煮汁を使ったかきご飯の上に、「ふっくらぷりぷり」に炊き上げて甘じょっぱく味付けした宮城県産の「伊達の釜ゆでかき」をのせ、漬物と花人参を添える。

 仙台駅での販売に先駆け、10日から東京駅、新宿駅、大宮駅、上野駅で販売を開始。3週間で1500食を売り上げた。担当者は「県外の方や外国人観光客の皆さまにはもちろん、県内の皆さまにも手軽に手に取っていただき、熱々ふっくらなかきご飯を賞味いただければ」と呼び掛ける。

 価格は1,200円。JR仙台駅2階コンコースの「駅弁屋 祭」(TEL 022-227-1288)で販売する。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?