買う

仙台・藤崎で恒例「全国駅弁大会とうまいもの市」 初日から盛況で続々完売

オープンと同時に多くの客が来場し、にぎわいを見せた初日の様子

オープンと同時に多くの客が来場し、にぎわいを見せた初日の様子

  •  
  •  

 毎年恒例の「全国駅弁大会とうまいもの市」が2月17日、仙台の老舗百貨店「藤崎」(仙台市青葉区一番町3、TEL 022-261-5111)本館7階で始まった。

ずらりと並ぶ全国各地の駅弁

 全国各地の駅弁と、水産加工品・肉加工品・総菜・調味料・スイーツ・茶葉・酒類などの「うまいもの」を集めた人気企画。16回目となる今年は、82社が出店する(うち22社が同館初)。

[広告]

 全国駅弁大会では、海鮮・肉・幕の内・キャラクター・新幹線など、同館バイヤーお薦めの60種類以上の駅弁を販売する。奥羽本線大館駅「花善」の「Paris'S鶏めし弁当」(921円)、根室本線厚岸駅「厚岸駅前 氏家待合所」の「氏家かきめし」、山陽本線西明石駅「ひっぱりだこ飯」(以上1,080円)、東北新幹線八戸駅「津軽海峡海の宝船」(1,200円)、信越本線新潟駅「えび千両ちらし」(1,301円)など。19日までの期間限定で山形県「九十九鶏本舗」の「九十九鶏弁当」(810円、各日150折限定)や東北本線郡山駅「福豆屋」の「海苔(のり)のり牛めし」(1,151円、各日70折限定)なども用意する。

 うまいもの市では、滋賀「近江カスタードクラブ」の「シューエスカルゴ」(297円)、兵庫「&アールグレイ」の「アールグレイリッチミルクソフト」(501円)、大阪「会津屋」の「元祖たこ焼き(12個入り)」(581円、イートイン)、「京都たかばし 本家 第一旭」の「京都ラーメン」(810円、イートイン)、東京「千駄木暖塚」の「自家製コンビーフ(400グラム)」(1,980円)などが初登場する。

 初日は日曜ということもあり、オープンと同時に多くの客が詰め掛け、人気商品は早々に売り切れた。広報担当者は「去年よりも新しい商品が多く、仙台ではなかなか食べられない駅弁も用意している。全国各地の味を楽しんでいただければ」と来場を呼び掛ける。

 営業時間は10時~19時30分(最終日は17時閉場)。今月27日まで。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?