食べる

仙台・五橋公園隣にカフェ・バール「セガフレード」 中央通りから移転

移転オープンした「セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ」仙台五橋公園店の店内

移転オープンした「セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ」仙台五橋公園店の店内

  •  
  •  

 仙台市青葉区の五橋公園隣に6月1日、イタリアンバールチェーン「セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ」仙台五橋公園店(仙台市青葉区五橋1、TEL 022-393-7125)がオープンした。

全面ガラス窓から通りの様子を眺められる店内

 伊ボローニャの大手コーヒー焙煎(ばいせん)メーカー「セガフレード・ザネッティ」が1988年、仏パリに初めてオープンした同店。ヨーロッパを中心に、アジア、中東、南北アメリカ、アフリカを含め、世界で約400店舗を展開する。国内では1998年12月4日に1号店となる渋谷店をオープンし、現在まで32店舗を出店。20~60代と幅広い年代に利用されている。

[広告]

 仙台では2012年4月、マーブルロードおおまち商店街に東北初となる仙台中央通り店(青葉区一番町3)をオープン。今年5月15日に閉店し、同所へ移転した。

 「五橋エリアはオフィスビルも多い上に高層マンションも増え人口が多くなってきているが、コンビニや居酒屋などはあっても、ふらっと気軽に立ち寄れるお店はあまりない」と同社広報担当者。「セガフレードの強みは、バリスタとの会話を楽しんで、おいしいエスプレッソやお酒を楽しんでもらえるところ。生活の一部に溶け込むようなお店が作れたらと思い、このエリアへの出店を決めた」と話す。

 店舗面積は約100平方メートルで、席数は48席(店内37席・テラス11席)。店内はイメージカラーの赤と黒を基調に、全面ガラス窓で「外から見たときに周りの外観とも溶け込むようにした。お子さま連れの方にも入ってもらいやすいように、遊び心も取り入れた内装になっている」。

 ドリンクメニューは、「エスプレッソ」(300円)、「カフェ マッキアート」(310円)、「レギュラーコーヒー」(330円~)、「カプチーノ」(370円~)、チョコレートとエスプレッソのハーフ&ハーフ「メッツォ メッツォ」(430円~)など、エスプレッソドリンクを中心に30種類以上。イタリアンビール・ハウスワイン・カクテルなどアルコール約20種類も提供する。

 パスタ、パニーニ、サンドイッチ、アンティパストなどの各種フードやケーキ、マフィン、クッキー、アフォガートなどのスイーツも用意する。

 客単価は600~900円。オープンから約1カ月がたち、近隣住民や五橋エリアで働く会社員を中心に利用客を増やしている。「大学生など若い方の利用も見られ、店内は禁煙のためお子さま連れのお客さまも多く見られる」という。

 営業時間は、月曜~金曜=7時~22時、土曜・日曜・祝日=8時~20時。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?