3密を避けて新しい生活様式へ!

プレスリリース

オンライン商標登録サービス「コトボックス」 累計ユーザー数1万人突破

リリース発行企業:cotobox株式会社

情報提供:

Cotobox(コトボックス)株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:五味 和泰、以下コトボックス)は、提供するオンライン商標登録サービス「コトボックス」における登録ユーザー数が、2020年9月15日時点で累計1万人を突破したことをお知らせします。 サービスHP: https://cotobox.com/




■オンライン商標登録サービス「コトボックス」とは
 コトボックスとは、商標出願依頼を最短3分、相場価格の1/4で実現するAI商標登録支援サービスです。現在、10,000社以上の企業・官公庁・大学様にご利用頂いています。AIを活用して類似する商標をカンタン検索できるほか、弁理士などの人手を介していないため、他社競合等の気になる商標検索は何回やっても、0円です。そのまま、提携先の弁理士に出願依頼が可能です。

■世の中の課題
 昨今、商標に関する権利侵害リスクが顕在化し、社名やサービス名などのネーミング変更や金銭での解決を余儀なくされるケースが散見されます。
 しかし、実務経験がない人にとって商標登録作業は煩雑で分かりづらく、自分で事前調査や書類作成を行うには膨大な時間を要します。一方で、弁理士等の専門家に直接依頼するということは、費用面でハードルが高いものでした。特に、中小企業、個人事業主にとっては、商標の保護を後回しにしてしまいがちです。

 実際に、今年の5月26日から6月9日、コトボックスユーザーに対し行われた「商標に関する実態調査」では、商標出願の経験がある方のうち約3割(29.5%)は商標トラブルに巻き込まれたことがあると回答しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000029675.html



■コトボックスが選ばれる理由
1.商標出願依頼を最短3分、相場価格の1/4で実現する速さと安さ
費用面でハードルが高い商標出願を、商標出願依頼を最短3分、相場価格の1/4で実現可能にしました。企業規模の大小を問わず、あらゆるビジネスシーンで知財が利活用される社会を目指しています。

2.弁理士による専門性
商標登録は、取得区分や商品・サービスの分類が細かく、手続きに専門的な知識が必要とされており、個人で出願することで記載不備・不足などのリスクが発生します。コトボックスは、メッセージ機能で弁理士とのやりとりから、登録までにおける相談が可能。書類作成後は、提携弁理士が最終チェックして特許庁に提出します。

3.独自のAI技術
Cotoboxでは、ディープラーニング(人工知能)技術を活用して、商標の権利範囲を適切に検索することが可能です。ユーザーが、気になる商標を入力することで、既に登録されている商標との抵触関係がわかる技術を実用化しました。また、気になる商品・サービスの内容を入力することで、特許庁審査基準に対応する指定商品・指定役務を自動的に抽出する技術を実用化しました。

▼代表取締役 五味 和泰コメント
Cotoboxのユーザー数は、2020年に入り半年間で2倍になるペースで増加しています。2020年5月にユーザ数7,500を超え、わずか3ヶ月後の同年9月に1万を突破しました。個人事業主から大企業まで多くの皆様にご利用いただいていることに心より感謝申し上げます。
2021年3月にユーザ数2万突破を目標にチーム一丸となってサービス開発及び提供に努めてまいります。

【cotobox株式会社の概要】
会社名 :cotobox株式会社
所在地 :東京都港区三田3-1-23
設 立 :2016年2月
代表取締役 :五味 和泰
URL : https://cotobox.com/

*「cotobox」はcotobox株式会社の登録商標です。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home