仙台のラッパーと宮城出身の演歌歌謡歌手がコラボ・アルバム

7月1日に発売された「Smooth Loco☆Motion」のジャケット。イラストは仙台在住の画家・小野寺純一さんが手掛けた

7月1日に発売された「Smooth Loco☆Motion」のジャケット。イラストは仙台在住の画家・小野寺純一さんが手掛けた

  •  
  •  

 仙台を拠点に活動するラッパー・カズシック.さんと宮城県出身の演歌歌謡歌手・まきのめぐみさんによるミニアルバム「Smooth Loco☆Motion」が7月1日、ユニバーサルミュージックからリリースされた。

 コラボレーションのきっかけとなったのは、昨年の「仙台七夕花火祭」のライブ用に制作した曲「七夕おどりBEAT」。同曲は「仙台七夕」をイメージして1962(昭和37)年に島倉千代子さんが歌った「七夕おどり」をヒップホップ調にアレンジしたもの。歌を担当する若手歌手を探していたカズシック.さんがレコード会社の紹介でまきのさんと出会い、コラボレーションが実現。同曲の好評を受けて今回、ミニアルバムの制作に取りかかった。

[広告]

 アルバムには同曲のほか、今年の「仙台七夕花火祭」公式応援歌「花火の下で~Ring of love~」、さとう宗幸さんの代表曲をリメークした「青葉城恋唄21 Pt.2」、カズシック.さんがパーソナリティーを務めるラジオ番組のテーマソング「We are Eagler!」など全7曲を収録。カズシック.さんは「このCDを聴いてくれたリスナーから、『家の向かいの公園でお祭りが始まったかと思った』というメールが届いた。まさにそれが今回のCDを言い当ててくれていると思う。夏祭りやドライブ、海や野球観戦などとにかく夏に聴いてほしい曲ばかり」と話す。

 アルバムには、楽天イーグルス・憲史選手の登場曲「元気の歌」も収録。同曲については、「子どもたちに向けて、『君にはすごく価値がある。自分にまっすぐ一生懸命毎日を生きれば、必ずすてきな人生を過ごせるよ』というポジティブなメッセージを込めた曲。幼稚園児や小中学生、その年ごろの子どもを持つ親御さんにも聴いてもらいたい」(同)と思いを語る。

 価格は1,800円。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?