学ぶ・知る

震災から10年描くNHK地域ドラマ「ペペロンチーノ」、主演に草なぎ剛さん

宮城発地域ドラマ「ペペロンチーノ」で主演を務めることが決まった草なぎ剛さん(写真提供=NHK)

宮城発地域ドラマ「ペペロンチーノ」で主演を務めることが決まった草なぎ剛さん(写真提供=NHK)

  • 101

  •  

 NHK仙台拠点放送局が11月11日、来年3月に放送を予定する宮城発地域ドラマ「ペペロンチーノ」の主演に俳優の草なぎ剛(なぎは弓へんに剪)さんを起用することを発表した。

脚本を務める一色伸幸さん

 東日本大震災の発生以降、被災者の声を絶えず届けてきたNHK仙台拠点放送局。来年3月で震災から10年の節目を迎えることから、「時間とともに一体何が変わったのか、今回はドラマという形で、揺れ動いてきた被災者の心のリアリティーを見つめたい」と地域ドラマを企画した。「被災者の10年間の心の葛藤、また復興への歩みを描き、コロナ禍の中で小さな希望を感じてもらえるドラマを届ける」と同局。脚本は、映画「私をスキーに連れてって」「木村家の人びと」「病院へ行こう」「彼女が水着にきがえたら」などを手掛けた一色伸幸さんが務める。

[広告]

 ストーリーは、2021年3月11日、牡鹿半島の海を望むイタリアンレストランで、オーナーシェフの小野寺潔は友人を招き宴を開く。被災地が厳粛な空気に包まれるこの日に、あえて酒を飲んで騒ごうという潔に、どういうことなのかといぶかしがる友人たち。すると潔はこの会に秘められた深い理由を話し始める。震災でレストランと仲間を失い自暴自棄になっていた潔がどうやってレストランを再建し、最高の味を追求するシェフになれたのか。苦難があっても前向きに人生を送れるかもしれないという思いになれる群像劇を描く。

 主演を務めることが決まった草なぎさんは「出演のお話をいただきとても光栄に思います。それと同時に、被災された方の役を初めて演じることになり少し緊張しています。台本に込められた思いを、小野寺潔の10年間を演じることを通して皆さまにお届けできるよう頑張ります」(原文ママ)とコメントを寄せる。

 2020年冬、女川町、牡鹿半島(石巻市)での撮影を予定する。