学ぶ・知る

キリンビール仙台工場のオンライン見学ツアー 生産者の思いを動画で紹介

普段の工場見学では見られない醸造家の視点から遠野産ホップ投入の様子が見られる

普段の工場見学では見られない醸造家の視点から遠野産ホップ投入の様子が見られる

  • 28

  •  

 キリンビール(東京都中野区)が10月8日、キリンビール仙台工場でのビール製造工程が学べるオンライン工場見学ツアーの動画を期間限定で公開した。

遠野の生産者が現地からホップにまつわる話や思いを伝える

 ビール原材料の一つであるホップに焦点を当て、岩手県遠野市のホップ生産者の思いやキリンビールのCSV(Creating Shared Value=共通価値の創造)の取り組み、工場での製造工程を約12分間の動画で紹介する。キリンビール仙台工場広報担当の山田祥子さんは「ビールの魂とも呼ばれるホップは、国内では96%が東北産。8月末に収穫適期を迎えるが実作業を見ることは難しいので、家にいながらホップ畑の様子やそのホップを使ったビール造りを体験いただけないか検討した」と話す。

[広告]

 凸版印刷(東京都台東区)が提供する技術を活用し、生産地とビール工場を見学者の視点で体験できるのが特長。ホップ畑や仕込み工程の様子、工場見学をガイドが案内する。

 「遠野の方々のホップに懸ける熱い思いや、その思いを受け継ぎおいしいビールに仕上げていく造り手の決意など、ビール造りに携わる人たちの思いを知っていただきたい」と山田さん。「おうち時間に家族の皆さまでお楽しみいただき、実際の工場見学にもお越しいただければ」と呼び掛ける。

 ウェブサイトでは現在、遠野のホップ畑の様子を360度見渡すことができるスマートフォン用映像「日本産ホップ畑を見渡そう!360度体験」(約1分)も公開している。ヘッドマウントディスプレーでの再生にも対応する。

 公開期間は12月31日まで。

Stay at Home