食べる

仙台・大町にベルギービール専門店 110種超取りそろえ、つながり生まれる場に

「ブラッスリーロイド」店内。至る所にさまざまなデザインの空き瓶を並べ客を楽しませる

「ブラッスリーロイド」店内。至る所にさまざまなデザインの空き瓶を並べ客を楽しませる

  •  

 仙台・大町の「ファーストステージ1」(仙台市青葉区大町2)2階にベルギービール専門店「Brasserie Lloyd(ブラッスリーロイド)」(TEL 022-797-2246)がオープンして3カ月がたった。

店主の阿部さん

 石巻出身の阿部芳大さんが「ビールを通じて人と人が自然につながる環境をつくることで、まちのコミュニケーションの活性化のみならず、人生がより豊かになるための一助となれば」と1月27日に開いた同店。店舗面積は20坪。席数はテーブル26席で、スタンディング用のカウンターも設ける。

[広告]

 同店では、4種類のたる生ビール(500円~)と約110種類(850円~)のボトルビールを提供。「ベルギービールは注ぎ方やコンデションによって味わいや感じ方に違いが現れるため、グラスを選び、品質管理を徹底し、最適な温度で提供できるように心掛けている」という。「たる生はフレッシュで希少性という売りがあり、ボトルは2次発酵が進むため時間がたてばたつほど熟成されたおいしさがある。一杯一杯の個性を楽しんでいただければ」とも。

 フードはベルギーの定番料理や日替わりデリなどをそろえる。主なメニューは、「ベルギー産ビンチェ芋のベルジャンフリッツ」(450円、800円)、「ハンガリー産豚バラ肉のフランドル風ビール煮込み」(890円)、「ステーキフリッツ 西洋わさびのソース」(1,000円)、「おまかせ前菜4種盛り合わせ」(1,250円)など(価格は全て税別)。

 客単価は、ランチ=800円、ディナー=2,800円。客の8割がリピーターだという。「ベルギービールは1000種類以上あり、味わいもアルコール度数もバラエティー豊か。お気に入りを見つけに遊びに来てもらえれば」と阿部さん。「1杯を通していろいろな人との出会いやつながりが生まれるというベルギービールの価値も伝えられれば」とも。

 営業時間は、平日=12時~14時、18時~翌3時、土曜=14時~翌3時、日曜=15時~翌3時。月曜定休。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?