天気予報

9

1

みん経トピックス

仙台・グランピングで鍋料理仙台・福袋購入者に楽曲提供

仙台・上杉にハム・ソーセージ専門店「アインベルク」 念願かなえ故郷で開業

仙台・上杉にハム・ソーセージ専門店「アインベルク」 念願かなえ故郷で開業

「アインベルク」店内。ショーケースにはさまざまなハムやソーセージが並ぶ

写真を拡大 地図を拡大

 仙台・上杉にハム・ソーセージ専門店「Einberg(アインベルク)」(仙台市青葉区上杉2、TEL 022-796-5286)がオープンして2カ月がたった。

店主が手掛ける食肉加工品

 仙台出身の店主・松本力さんは宮城県農業短大の畜産学科を卒業後、食肉加工会社でソーセージを作る仕事に就きたいと考えていたが、希望の求人がなく東京でサラリーマン生活を送っていた。転勤先の茨城県守谷市で自宅の近所にあったドイツソーセージ・ハム専門店が職人を募集していることを知り、転職。マイスターの厳しい指導の下で約5年間、食肉加工技術を学んだ。

 「ハムやソーセージは何十種類、何百種類あっても作り方は基本的に変わらず、伝統的な製法がベースになっている。自分の体調や環境などに左右されずに同じクオリティーのものを作り続けること、日々同じことを続けることの大事さを学んだ」と振り返る。

 その後、静岡県御殿場市にあるハム・ソーセージ専門店の店長兼製造責任者として技術やサービスの向上に励み、フランスやイタリアの技法なども学んだ松本さん。約20年ぶりに故郷・仙台へ戻り、念願をかなえ今年9月21日に自身の店を開いた。店舗面積は約20坪(工房含む)。

 ショーケースには、ヤークトヴルストやチューリンガー、フライッシュケーゼ、ロースハム、ハーブベーコンなど、ドイツの製法をベースに作る約30種類のハム・ソーセージ・ベーコンなどが並ぶ。素材は宮城・山形産の豚肉とドイツをはじめヨーロッパ各国のハーブやスパイスを使う。

 価格は、腸詰め=100グラム292円~、大判ソーセージ=同346円~、ベーコン=同410円~、ハム=同518円~。「田舎風パテ」や「レバーペースト」(以上410円)、ソーセージやベーコンを使った総菜もそろえる。

 客単価は1,200円前後。近隣の住民やOL、年配夫婦、子ども連れの主婦などが来店し、リピーターも多いという。「ベーコン3枚やソーセージ2本など少量からお求めいただけるので、地元のお客さまに普段使いしてもらえれば。地元で長く愛される店づくりを目指して日々頑張りたい」と話す。

 営業時間は11時~19時30分。火曜・第1月曜・祝日定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

カットした「一本堂」の食パン。左から「一本堂(ぷれーん)」「れーずん」「チーズゆたか」
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

仙台駅周辺以外に仙台経済新聞で記事にしてほしい沿線はどこですか?

アクセスランキング