見る・遊ぶ

仙台三越で岩合光昭さん「世界ネコ歩き」写真展 ギャラリートークも

仙台三越の「岩合光昭の世界ネコ歩き写真展」会場の様子。仙台七夕まつり見物の途中で立ち寄る人も

仙台三越の「岩合光昭の世界ネコ歩き写真展」会場の様子。仙台七夕まつり見物の途中で立ち寄る人も

  •  

 仙台三越(仙台市青葉区一番町4、TEL 022-225-7111)本館7階ホールで8月5日、「岩合光昭の世界ネコ歩き写真展」が始まった。

世界各地で暮らす猫の日常風景を捉えた写真が並ぶ

 19歳の時にガラパゴス諸島を訪れたことをきっかけに、動物写真家としての活動を始めた岩合光昭さん。世界の野生動物を撮り続ける一方、ライフワークとして身近な存在である猫を40年以上撮り続けている。

[広告]

 同展は、2012年8月からNHK BSプレミアムで放送されている番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」の写真展。ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、アジアなど世界15地域で出会った猫の写真を中心に約200点を展示する。

 同展担当者は「猫を取り巻く環境や人間との深い関係も見どころ。猫の愛らしい表情やしぐさ、一瞬の動きを捉えた写真は多くの人々を魅了する。番組ファンはもちろん、ファンならずとも楽しめる『イワゴーワールド』をご覧いただければ」と呼び掛ける。

 8日・9日には岩合さんが来場し、ギャラリートーク(11時~、14時~)とサイン会を行う。サイン会参加には、当日販売コーナーで写真集を購入した人に配られる整理券が必要。各回先着200人。

 開催時間は10時~19時(最終日は17時閉場、最終入場は閉場30分前)。入場料は、一般・大学生=700円、高校生・中学生=500円、小学生以下無料。今月14日まで。

 期間中、併せて同館では猫をモチーフにしたアイテムを集めた「ネコフェス」を開催。地下1階では猫の顔や肉球をデザインしたスイーツを提供。1階では猫デザインのバッグやポーチなどの雑貨を販売する。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?