見る・遊ぶ

「仙台七夕まつり」開幕 3000本の竹飾りと吹き流し、関連イベントも

初日から晴天に恵まれ多くの市民や観光客でにぎわう一番町商店街の様子

初日から晴天に恵まれ多くの市民や観光客でにぎわう一番町商店街の様子

  •  
  •  

 仙台の夏の風物詩「仙台七夕まつり」が8月6日に開幕し、約3000本の竹飾りや吹き流しが市民や観光客の目を楽しませている。

「ジョジョの奇妙な」七夕飾りも

 藩祖伊達政宗公の時代から続く伝統行事として受け継がれ、現在では東北三大祭りの一つとして毎年200万人以上が訪れる同祭。戦後復活70回目を迎えた昨年は、県内外から延べ217万7000人が訪れた。

[広告]

 今年も仙台市の中心市街地や各商店街には、伝統的な七つ飾りや豪華絢爛(けんらん)な吹き流し、アニメのキャラクターをあしらったものなど、さまざまな竹飾りが登場している。

 期間中は市内各地で関連イベントも展開。勾当台公園市民広場・定禅寺通りグリーンベルト・つなぎ横丁では、飲食ブースや七夕の歴史と物語の紹介、ミニ七つ飾り作成体験、短冊書きコーナー、盆踊り、ステージイベントを展開する「おまつり広場」を実施。天の川をモチーフにLEDイルミネーションを装飾したハート型のアーチと、仙台七夕をモチーフにした切り絵をデザインした30基のあんどんを設置する「天の川回路」も用意する。開催時間は10時~21時(点灯は18時から)。入場無料。

 伊達政宗公の霊廟(れいびょう)「瑞鳳殿」(仙台市青葉区霊屋下)では、「瑞鳳殿七夕ナイト」を実施。参道や境内に1200本の竹灯籠を設置し、伝統的な七夕飾りのほか、本殿・涅槃(ねはん)門のライトアップも行い、幻想的な夜の瑞鳳殿を演出する。併せて、「しの笛の演奏」(18時~18時50分)、「森のコンサート」(19時~)も行う。開催時間は18時~21時。入場料は、一般=550円、高校生=400円、小・中学生=200円。

 仙台駅前の複合商業施設「アエル」(仙台市青葉区中央1)前の広場特設会場では、市内の飲食店による「七夕ビアガーデン」を開催。市内飲食店によるフードと東北のクラフトビールを提供する。開催時間は11時~21時。

 同祭協賛会事務局では期間中、延べ220万人の人出を予想する。今月8日まで。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?