天気予報

13

10

みん経トピックス

PR

仙台のタウン誌が40周年仙台に限定ジャンプショップ

仙台でチームラボ「学ぶ!未来の遊園地」-最新デジタル技術による体験型展示

  • 0
仙台でチームラボ「学ぶ!未来の遊園地」-最新デジタル技術による体験型展示

春休みの子どもを連れた家族連れを中心に、学生やカップルなどが展示を楽しんでいる

写真を拡大 地図を拡大

 仙台市青葉区のTICビル(仙台市青葉区一番町4)で3月21日、「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」が始まった。

「まだかみさまがいたるところにいたころのものがたり」

 同展は、共同で創造する「共創(きょうそう)」体験を学ぶ知育空間イベント。2001年に東京大学大学院の学生を中心に創業し、プログラマー、エンジニア、数学者、建築家、CGアニメーター、デザイナー、絵師などのスペシャリストで構成される「チームラボ」(東京都文京区)が、企画・制作を手掛ける。

 「子どもたちが同じ空間で自由に体を動かし、互いに影響を与えながら共同的で創造的でアートな体験を楽しむ。そのような体験を通して、共同で創造していくことのできる人間になってもらいたい」という願いが込められたという同展。2013年の沖縄を皮切りに、これまで国内外30カ所以上で開催し、東北では今回が初めてとなる。

 会場内では、最新のデジタルテクノロジーを使った7つの体験型インタラクティブ作品を展示。紙に描いた魚が泳ぎ出す「お絵かき水族館」、丸や三角や四角の上を歩くと音や絵が出る「天才ケンケンパ」、上から落ちてくるスクリーン上の象形文字にタッチすると、その文字が意味するイメージに姿を変えて物語が創られる「まだかみさまがいたるところにいたころのものがたり」、ボールを転がすことで色や音楽が変化する「光のボールでオーケストラ」など。

 開催時間は9時30分~17時30分(入場は閉場30分前まで)。料金は、一般(中学生以上)=1,300円、小学生以下=800円、2歳以下無料。5月10日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

仙台駅周辺以外に仙台経済新聞で記事にしてほしい沿線はどこですか?

アクセスランキング