天気予報

13

10

みん経トピックス

PR

仙台・車両基地跡に文化施設仙台で「照明探偵団」シンポ

仙台に1人カラオケ専門店「ワンカラ」-開店2カ月、客層広がる

  • 0
仙台に1人カラオケ専門店「ワンカラ」-開店2カ月、客層広がる

レコーディングスタジオのようなカラオケルーム「ピット」

写真を拡大 地図を拡大

 仙台市青葉区にオープンした1人カラオケ専門店「ワンカラ」仙台東映プラザ店(仙台市青葉区一番町4、TEL 022-722-9611)が客層を広げている。運営は「カラオケ本舗まねきねこ」を全国展開するコシダカ(群馬県前橋市)。

宇宙船をイメージした店内

 「1人だけのプライベート空間で好きな曲を好きなだけ」をコンセプトにした同店。昨年11月、東京・神田に1号店を出店し、都内に計5店舗を展開。地方主要都市への出店戦略の足掛かりとして、地方初となる仙台東映プラザ店を7月28日にオープンした。

 店舗面積は354平方メートルで、部屋数は36室(うち6室は女性専用)。店内は宇宙船をイメージした内装で統一。「ピット」と称するレコーディングスタジオのようなカラオケルームで、ヘッドホンを着けて高感度マイクでカラオケを楽しむのが特徴。

 オープンから2カ月が経ち、10~30代を中心に、午前中は年配客、午後は会社員が多く利用。女性客の来店も増えているほか、既に20回以上来店している常連も。「空気を読まずにカラオケできるのがいい」「好きな歌をゆっくり歌える」などの声が寄せられ、カラオケ以外にも「詩の朗読や発声練習、ギターの練習など、さまざまなかたちで利用していただいている」(同店担当者)という。ピークの時間帯は13時~18時。

 利用客からの要望に応え、9月14日からは開店時間を1時間早めた。同担当者は「新たな1人遊び、ストレス発散、歌唱トレーニングなど、さまざまな活用方法がある。バッティングセンターやゴルフの打ちっ放しに行く感覚で、年末の忘年会などに向けた練習の場として使ってもらえれば」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は9時~翌1時(金曜・土曜・祝前日は翌3時まで)。利用料金(ドリンクバー込み)は1時間700円(土曜・日曜・祝日・祝前日は800円)。初回利用時に入会金200円が別途必要。ヘッドホンは持ち込み可能で、レンタル料は300円。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

仙台駅周辺以外に仙台経済新聞で記事にしてほしい沿線はどこですか?

アクセスランキング