仙台出身・武田カオリさんが歌うCMソング集発売-「ロックンロール・ウィドウ」も

自らが歌うCMソング集をリリースした武田カオリさん。制作にあたって「こんなにいろんな曲を歌っていたのかとあらためて驚いた」という

自らが歌うCMソング集をリリースした武田カオリさん。制作にあたって「こんなにいろんな曲を歌っていたのかとあらためて驚いた」という

  •  

 仙台出身のアーティスト・武田カオリさんが歌うCMソング集「Magalog(マガログ)-Kaori Takeda Song Book-」が11月30日、ビクターエンタテインメントからリリースされた。

「Magalog」のジャケット写真

 1997年に歌手デビューし、1999年にギタリストの石井マサユキさんとユニット「TICA」を結成して活動を続ける武田さん。ソロシンガーとしても多彩なアーティストの楽曲に参加する傍ら、5年ほど前からCM曲の歌唱を数多く担当するようになった。

[広告]

 「マイペースに好きな音楽を好きなように歌う自分の作品とは真逆で、テレビCMは現場でリクエストされたことを、作家さんのイメージ通りにパッと歌わなくてはいけない」と武田さん。自分らしさは求められず、個性を否定されているようで悩んだ時期もあったという。「でも、アーティストとしてではなく、『歌手・武田カオリ』として仕事をいただいていると思うようになってからは、緊張感も含めて楽しめるようになった」と話す。

 CD制作のきっかけになったのは、ホンダ「ライフ」のCMソングとして武田さんがカバーした山口百恵さんの名曲「ロックンロール・ウィドウ」。オンエア直後から話題となり、百恵さん本人のセルフカバーではないかという臆測も広がったため、急きょ武田さんの名前がクレジットされた。「問い合わせをしてくれるほど気に入ってもらえたのかなと思うとうれしい。本当に名曲なんだな、とあらためて思った」(武田さん)。

 そのほか、サッポロ「プレミアムアルコールフリー」で使用された「雨にぬれても」、パナソニック「エコナビ」の「Pieces of My Heart」、動脈硬化性疾患発症抑制啓発キャンペーンの「夜礼御戸手矢」など全17曲を収録。武田さんのお気に入りの曲や視聴者から問い合わせが多かった曲を中心に選んだ。

 「CMソングは、そのCMが流れている間しか聴くことができず、すごくもったいないという思いがあったので、形として残すことができてうれしい」と武田さん。「こんなに素晴らしい曲を作る作家さんがたくさんいるんだということを多くの人に知ってもらえれば」と期待を寄せる。

 価格は2,500円。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?