食べる

サバ料理専門店「SABAR+」東北初出店 仙台限定「金華サバ」食べ尽くしプランも

港町のバルをイメージした店内。壁の黒板には、金華サバが世界を旅して周った地図「サバールドマップ」が描かれている

港町のバルをイメージした店内。壁の黒板には、金華サバが世界を旅して周った地図「サバールドマップ」が描かれている

  •  
  •  

 サバ料理専門店「SABAR+(サバープラス)仙台店」(仙台市青葉区一番町2、TEL 022-266-3807)が文化横丁の入り口そばにオープンして3カ月がたった。

仙台限定の「金華サバ一匹まるごとの食べづくしプラン」

 SABAR(大阪府豊中市)が直営とFC合わせて23店舗(うち海外1店舗)を展開しているサバ料理専門店。東北エリア初店舗となる仙台店はみちのくエンタープライズ(同)が運営する。店舗面積は約17坪、席数は27席。

[広告]

 三陸沖から銚子沖で取れた重さ550グラム以上、脂質含有量21%以上の「とろさば」を使った、お造り、サラダ、焼き物、揚げ物、一品料理、ご飯物など38種のサバ料理を提供する。メニューは、とろさばのお造り・とろしめさば・とろさば漬け・とろさば薫製を4種盛りにした一番人気の「SABA サバカルテット盛合せ」(1,185円)をはじめ、「サバの串カツ」(1本210円)、「名物!つくね串焼き」(1本230円)、「サラッサラしめさばオニオン」(380円)、「博多風名物とろさば胡麻(ごま)!」(490円)、「たっぷりきのことネギのしめさばサバージョ(バゲット付き)」(580円)、「SABARのフィッシュ&チップス」(720円)、「とろさば薫製パワーサバダ」(800円)、「さば寿司(すし)盛合わせ」(1,280円)、「大きいほどウマい!メガとろさばの塩焼き」(1尾1,980円)など。

 とろさばを使った料理のフルコース「プレミアムとろさばプラン」や、重さ800グラム、脂肪分21%以上の大型金華サバを使った仙台限定の「金華サバ一匹まるごとの食べづくしプラン」(以上3,800円)も用意(価格は全て税別)。担当者は「仙台店は『世界を旅する金華サバ』がテーマなので、今後は金華サバと世界各国の料理とのコラボメニューも増やしていきたい」と話す。

 ドリンクは、ビール、カクテル、サワー、ハイボール、果実酒、日本酒、焼酎などをそろえる。

 平均客単価は3,500円~4,000円。サバ好きをはじめ、近隣で働く会社員など20~40代を中心に幅広い層が来店し、リピーターも多いという。担当者は「東北初上陸なので、この仙台の地を拠点にサバ旋風を起こしていきたい。いろいろなサバの料理を食べに来ていただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は17時~23時38分。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?