食べる

錦町公園で「仙台オクトーバーフェスト」 過去最長12日間、コンテナ席も

約2000人を収容する「ブルーテント」開幕初日の夜の様子

約2000人を収容する「ブルーテント」開幕初日の夜の様子

  •  

 秋恒例のビールイベント「仙台オクトーバーフェスト」が9月13日、仙台市青葉区の錦町公園(仙台市青葉区本町2)で始まった。

ドイツと東北のビールとフード

 「杜(もり)の都仙台のビール祭り」として2006年にスタートし、今年で13回目を迎えた。本場ドイツと東北のビール、料理、音楽のほか、現在では「地産地消」「地域活性化」「国際理解」をテーマに「東北・仙台の味わいが集う祭り」として進化している。

[広告]

 今年は過去最長となる12日間の日程で、「これまで提供してきたドイツや東北のビールはもちろん、お酒を飲まない方もお楽しみいただける店やメニューをチョイスした」と仙台オクトーバーフェストプロジェクトの稗田順子さん。

 会場には、センターステージや桟敷席、スタンド席を備える約2000人収容の巨大なメインテント「ブルーテント」と、ウッディーなガーデンテイストエリアにガラス張りコンテナを採用した「グリーンテント」を用意する。

 ビールは、ドイツ醸造所の銘柄と東北の地ビール合わせて50種類以上を用意。ラインアップは、ドイツ=「ラーデベルガー」「シェッファーホッファー」「ツィタラール」「アルピルスバッハー」「ケーニッヒルードヴィッヒ」「パウラーナー」など、東北の地ビール=「松島ビール」「やくらいビール」「遠野麦酒ZUMONA」「いわて蔵ビール」など。中心価格帯は500ミリリットルで1,000円~1,500円。ワインやカクテル、日本酒なども取りそろえる。

 フードはソーセージ、アイスバイン、ウィーナーシュニッツェル(子牛のカツレツ)、プレッツェルなどのドイツ料理のほか、牛たんやカキなど東北の食材を使ったメニューを提供。県内の洋菓子店12店が日替わりで生菓子・焼菓子などを販売する「宮城県洋菓子協力会ブース」、「せんだいタウン情報S-style」と「COFFEE FELLOWS(コーヒーフェローズ)」によるコラボカフェ、「SENDAI COFFEE STAND & dearstore」によるスペシャリティーコーヒーブースも用意する。

 開催時間は、平日=16時~21時、土曜・日曜・祝日=11時~21時。入場無料。1杯目購入時にグラス預かり金1,000円が必要(デポジット制)。今月24日まで。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?