食べる

仙台三越に屋上ビアガーデン 「シェアしたくなる」インスタ映えメニューも

大勢の利用客でにぎわいを見せる仙台三越屋上ビアガーデン

大勢の利用客でにぎわいを見せる仙台三越屋上ビアガーデン

  •  

 仙台三越(仙台市青葉区一番町4)本館屋上に6月1日、屋上ビアガーデン(TEL 022-221-5359)がオープンした。

ドリンク&フードコーナー

 仙台の夏の風物詩となっている同ビアガーデン。会社員や友人グループ、家族連れ、カップルなどで毎年にぎわいを見せ、女性客の利用が多いのが特徴。席数は350席。ビュッフェ形式の食べ放題・飲み放題を採用し、制限時間120分の通常コースのほかフリータイムも用意するのが特徴。

[広告]

 ドリンクは、ビール、焼酎、ワイン、カクテル、ハイボール、レモンサワーなど40種類以上。300円増しで「レーベンブロイ」「バス ペールエール」「ベル・ビュー クリーク」「グロールシュ・プレミアム・ヴァイツェン」の海外ビール4種とアサヒのプレミアムビール2種が加わる。

 フードは、おつまみ、揚げ物、一品料理、ご飯物、スイーツなど常時25種類以上を用意。毎年好評という東北の食材を使ったメニューのほか、パエリア、一口サイズのプチフール、自分で作るオリジナルパフェなど「インスタ映え」を意識したフードコーナーも用意する。

 7月7日からは「きらめく夜空・真夏のページェント」と題し、「2018SENDAI光のページェント実行委員会」協力によるLEDイルミネーション点灯も予定する。

 同店担当者は「今年のテーマは『シェアしたくなるビアガーデン』。見た目も華やかなパーティーメニューや、お客さま自身でカスタマイズしていただけるビビンバやパフェ・レモンサワーなども用意している。食べて・飲んで・シェアして楽しんでいただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は17時~21時30分(7月以降は16時~22時)。料金は、通常コース=3,600円(小学生は1,900円)、フリータイム=4,000円(同2,100円)。時間帯割引も用意する。雨天・強風時中止。9月9日まで。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?