買う

仙台駅前・イービーンズの「喜久屋書店」、館内移転増床-総合書店に刷新

移転リニューアルした「喜久屋書店」仙台店。コミックの豊富な品ぞろえは変わらず

移転リニューアルした「喜久屋書店」仙台店。コミックの豊富な品ぞろえは変わらず

  •  

 仙台駅前の商業ビル「イービーンズ」(仙台市青葉区中央4)5階・6階に12月5日、「喜久屋書店」仙台店(TEL 022-716-2021)がリニューアルオープンした。

以前は無かった一般書のコーナー

 東北最大級の漫画専門店「喜久屋書店 漫画館仙台店」として、1998年に同施設8階にオープンした同店。コミック・ライトノベルをはじめ、アニメのCD・DVD・ブルーレイ・グッズ、トレーディングカード、画材などを販売し、10代後半~30代を中心に利用されていた。

[広告]

 10月末にジュンク堂書店仙台本店が撤退したことを受け、館内移転を決めた。8階から5階・6階に移動し、店舗面積をこれまでの約300坪から2フロア計約480坪に増床。それに合わせ、漫画専門店から一般書や専門書も取り扱う総合書店へとリニューアルし、利用客拡大を目指す。

 5階では、ビジネス、専門書、学習参考書、語学、芸術、新書、趣味・くらし、地図・ガイド、児童書を販売。6階では、コミック、文庫、文芸、雑誌を取り扱う。アニメのCD・DVD・ブルーレイ・グッズなどの取り扱いはなくなるが、コミックは2フロア全体の15%を占める。「売り場が狭くなったように見えるが、コミックやライトノベルなどはこれまで同様に豊富な品ぞろえを継続していく」と同店担当者。

 同施設1階には11月に「ソフマップ」がオープンし、7~8階には2015年1月に「アニメイト仙台」「ゲーマーズ仙台店」「らしんばん仙台店」が出店予定。同担当者は「今後、学生さんや若い方の利用がより多くなると思う。参考書やファッション雑誌、ゲーム関連雑誌、鉄道やホビー関連の本など、お客さまのニーズに合ったものを多くそろえていきたい。ビル全体で相乗効果を出せれば」と期待を込める。

 営業時間は10時~20時。

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?