天気予報

6

-4

みん経トピックス

仙台に「コップのフチ子」仙台に常設リアル脱出ゲーム

仙台・藤崎で岩合光昭さん写真展「ねこ歩き」-個性豊かな猫を写した180点

  • 0
仙台・藤崎で岩合光昭さん写真展「ねこ歩き」-個性豊かな猫を写した180点

愛らしいだけでなくどこか面白いという「にゃんきっちゃん」 ©MITSUAKI IWAGO

写真を拡大 地図を拡大

 仙台の百貨店「藤崎」(仙台市青葉区一番町3、TEL 022-261-5111)本館7階催事場で3月27日から、岩合光昭写真展「ねこ歩き」が開かれる。

大阪・心斎橋での展示の様子

 岩合さんは19歳の時にガラパゴス諸島を訪れたことをきっかけに、動物写真家としての活動を開始。世界の野生動物を撮り続ける一方、ライフワークとして身近な存在である猫を40年以上撮り続けている。

 2013年5月の東京・日本橋会場を皮切りに、松山・札幌・福岡・心斎橋・宇都宮など、これまで全国11会場を巡回している同展。今回が東北初開催となる。

 「世界を歩く」「日本を歩く」「わが家のねこたち」の3章で構成し、約180点を展示する。「世界を歩く」では、岩合さんが「世界ネコ歩き」の旅で近年訪れたギリシャ、イタリア、トルコ、モロッコ、アメリカ、キューバで出会った、人と共に暮らす個性豊かな猫たちの姿を中心に展示。

 「日本を歩く」では、約10年かけて全国47都道府県の猫に出会う旅をした岩合さんが、日本の美しい四季を背景に市井の猫を撮影した作品が並ぶ。「わが家のねこたち」では、岩合さんと初めて暮らした「海ちゃん」をはじめ、「にゃんきっちゃん」「柿右衛門」「ケナ」と、それぞれ強烈なキャラクターを持つ岩合さんの「家族」を紹介する。

 グッズ販売ブースも開設。オリジナル写真集「ねこ歩き」(1,680円)、しおり(252円)、クリアファイル(各315円)、マグネット(各357円)、一筆箋(420円)、ポストカードセット(1,050円)などの同展オリジナル商品のほか、岩合さん関連商品、猫グッズなどを用意する。

 開催時間は10時~19時(入場は閉場30分前まで。最終日は16時閉場)。入場料は700円(高校生以下無料)。今月31日まで。29日には岩合さんが来場し、ギャラリートークとサイン会を予定。サイン会参加には商品購入客先着200人に配られる整理券が必要。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

宮城大藤原ゼミでの「ほや鍋具材4点セット」開発の様子
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

仙台駅周辺以外に仙台経済新聞で記事にしてほしい沿線はどこですか?

アクセスランキング