食べる

仙台・一番町四丁目にナポリタン専門店-赤・黒・白の3種類にトッピングも

「東京ナポリタンマルハチ」2号店としてオープンした一番町店の店内

「東京ナポリタンマルハチ」2号店としてオープンした一番町店の店内

  •  
  •  

 仙台・一番町四丁目商店街の路地に8月3日、ナポリタン専門店「東京ナポリタン●マルハチ」一番町店(仙台市青葉区一番町4、TEL 022-263-8215)がオープンした。運営は、老舗ハンバーグレストラン「HACHI(ハチ)」を手がけるオールスパイス(仙台市青葉区立町)。(●=〇に数字の8)

「赤ナポリタン」に「黄金比率のハンバーグ」をトッピング

 HACHIの創業期である1970年代に喫茶店や洋食店の人気メニューだった「昭和スタイルのナポリタン」をメーンに提供する同店。昨年8月、同社の新業態として仙台駅前「さくら野百貨店」に1号店をオープン。2.2ミリの超太麺が特徴で、「若い層からは『初めての食感』、70年代に食べた記憶のある世代の方には『昔の味と食感を懐かしく思い出す』と好評を頂いている」(角田秀晴社長)という。

[広告]

 メニューは、焦げたケチャップの香りが特徴の「赤ナポリタン」、しょうゆベースのあっさり風味「白ナポリタン」、スパイシーな甘辛ソースで炒めた「黒ナポリタン」の3種類。サイズはM(250グラム、580円)とL(300グラム、680円)の2つ。温泉卵、目玉焼き(以上100円)、カニクリームコロッケ、エビフライ(以上150円)、鶏の空揚げ(200円)、HACHIの「黄金比率のハンバーグ」(300円)など12種類のトッピングも用意。テークアウトにも対応する。

 店舗面積は9坪で、席数はカウンター10席。「狭い店なので、すぐ満席になってしまうが、お昼時を少し外して利用いただければ待たずに利用いただけると思う」と角田社長。「午後のクローズもなく終日同じメニューで営業しているので、遅い1人ランチや夜の食事にも利用いただければ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~22時。

  • はてなブックマークに追加

仙台経済新聞VOTE

リニューアルした仙台経済新聞。5つのカテゴリーの中でどれに一番興味がありますか?