「むすび丸」のオリジナルフレーム切手に第3弾-ポストカードも

自身のオリジナルフレーム切手とポストカードをアピールするむすび丸。宮城県庁内郵便局で

自身のオリジナルフレーム切手とポストカードをアピールするむすび丸。宮城県庁内郵便局で

  • 0

  •  

 郵便局東北支社(仙台市青葉区一番町1)は7月23日、オリジナルフレーム切手「ありがとう ようこそ!!みやぎ『むすび丸』」を発売した。

ご当地題材ポストカード「むすび丸」

 宮城県観光PRキャラクター・むすび丸と県内の名所・特産品を題材にしたオリジナルフレーム切手を2010年から展開する同支社。第3弾となる今回のラインアップは、登米「みやぎの明治村」、気仙沼「大島」、大河原・柴田「一目千本桜」、南三陸「キラキラ丼」、仙台「伊達政宗騎馬像」、蔵王「御釜」、塩竃「塩釜神社」、鳴子温泉「滝の湯」、白石「白石城」、松島「円通院」の10種類。

[広告]

 むすび丸は「今回も仙台・宮城の観光名所、おいしいものが盛りだくさん。県外の方へのお手紙にぴったりの切手だよ。『ありがとう』の気持ちをボクと一緒に伝えませんか」と利用を呼び掛ける。B5サイズの1シート(50円切手10枚)で、価格は900円。販売予定部数は3000部。

 むすび丸をモチーフにしたご当地題材ポストカードも初めて発売。ユニークな形をした白地のカードにむすび丸の顔をあしらった。「みんな、暑中見舞いは出したかな? これからって人は,ボクと一緒に仙台・宮城の観光をPRしませんか?」(むすび丸)。1部180円で、郵送時は120円切手が必要。販売予定枚数は1万部。

 オリジナルフレーム切手は県内の郵便局362局、ポストカードは仙台市・塩竈市・多賀城市・松島町・利府町などの郵便局163局で取り扱う。

Stay at Home