「仙台七夕まつり」開幕-「復興と鎮魂」願い掲げる3000本の竹飾り

復興への思いが込められた文字や短冊、折り鶴が多く見られる今年の「仙台七夕まつり」

復興への思いが込められた文字や短冊、折り鶴が多く見られる今年の「仙台七夕まつり」

  • 0

  •  

 仙台の夏の風物詩「仙台七夕まつり」が8月6日に開幕し、仙台市中心部は多くの市民や観光客でにぎわいをみせている。

市内の児童・生徒8万人の思いが込められた折り鶴

 東日本大震災を受け、今年は「復興と鎮魂」をテーマに掲げる同祭。「『仙台七夕まつり』は、もともと星に願いを託すお祭り。今年は、仙台・宮城そして東北全体の復興を願うお祭りとして開催することを決定した」(仙台七夕まつり協賛会の庄子正文実行委員長)

[広告]

 約3000本の竹飾りが市内の各商店街に取り付けられ、風にそよぐ吹き流しが市民や観光客の目を楽しませている。仙台市中心部のアーケード商店街には朝から多くの人出でにぎわい、18時までに50万人を突破。3日間で延べ175万人を見込む。

 勾当台公園市民広場には「おまつり広場」を設置。七つ飾り作りのワークショップや願い短冊コーナーのほか、京都・祇園ばやしの披露やすずめ踊り、奥州・仙台おもてなし集団「伊達武将隊」による演舞などのステージイベントも行う。開催時間は10時~21時。

 定禅寺通グリーンベルトには、世界約10カ国・80カ所から寄せられた短冊と折り鶴を展示。「短冊は約2万5千枚、折り鶴は数えきれないくらい届いている」(同実行委員会広報担当者)という。

 祭りは8日まで。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース