天気予報

20

11

みん経トピックス

スマートフォンお試しカフェ仙台にサイクルスポーツ店

仙台のネットテレビ局が27時間生放送-市民の飛び入り参加も

仙台のネットテレビ局が27時間生放送-市民の飛び入り参加も

「27時間寝ずにトークで走り続ける」と意気込みを見せる「平成の仙台四郎」こと同局営業担当の阿部大地さん

写真を拡大 地図を拡大

 仙台のインターネットテレビ局「ariTV(アリティーヴィー)」は8月28日、ユーストリームを使った27時間生放送番組「24時間ariTV~アリは地球を救う~」を放送する。

 同企画が生まれたのはほんの1週間前。日本テレビ系列で放送される「24時間テレビ」の今年のテーマが「ありがとう~今、あの人に伝えたい~」だと知った同社の佐藤貴之社長が「『ありがとう』はアリTVの専売特許なのに…と思い、うちでも何かやらなくてはと考えた」という。

 以前からユーストリームを使った生放送を検討していたことから、「この機会に試しにやってみようということになった」と佐藤さん。「最初から27時間やらなくても…という声が聞こえてきそうだが、27時間通しで行うことでいろいろな可能性や問題点が見いだせるのでは」とも。

 放送時間は本家の「24時間テレビ」同様、27時間に設定。定禅寺通と国分町通の交差点角にある24時間営業の居酒屋「祭居酒屋 みこし」(仙台市青葉区国分町2)店内の一角から中継する。

 メーンパーソナリティー兼総合司会は、同局営業担当の阿部大地さん。仙台で商売繁盛の福の神として知られる「仙台四郎」安置の寺・三瀧山不動尊の住職から「平成の仙台四郎」として公認された阿部さんが、さまざまなゲストを迎えて番組を進行。

 メーン企画は一般市民をゲストに招いてトークを繰り広げる「アリトーーク!」。放送中は誰でも自由に出演できるのが特徴で、飛び入り参加も可。「日ごろは恥ずかしくて直接伝えられない感謝の言葉を、番組を通して伝えてほしい。自身の活動紹介や店のPR、恋人募集などでもOK」。そのほか、27時間で同店の全メニュー120種類を完食する企画なども用意する。

 阿部さんは「皆さんが笑顔になれる、幸せになれるような番組を目指したい。生放送なのでハプニングもあると思うが、たくさんの方々に見ていただき、参加してもらえれば」と呼び掛ける。

 放送時間は28日18時~29日21時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

「住みたい街ランキング 仙台版」3位の泉中央駅前。「仙台の副都心として商業施設が密集しており、車がなくても何不自由なく暮らすことができる」(40代男性)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング