3密を避けて新しい生活様式へ!

仙台にネットテレビ局「アリティーヴィー」開局-元テレビマンらが起業

インターネットテレビ局「アリティーヴィー」のトップページ

インターネットテレビ局「アリティーヴィー」のトップページ

  • 0

  •  

 仙台・宮城の情報を発信するインターネットテレビ局「ariTV(アリティーヴィー)」が6月1日、開局した。

 運営するのは、県内のテレビ局で約13年間番組制作に携わってきた佐藤貴之さんが社長を務めるアリティヴィー(仙台市青葉区大町2)。「地上波は不景気の影響もあって放送枠が削減され、制作者としてやりたいことを表現できる場所が少なくなってきている」と佐藤さん。「未知数だが、ネットの世界で視聴者目線の番組を作れないか」と考え、賛同する仲間たちと起業した。

[広告]

 局の名前には「小さなテレビ局だが、自分よりも大きいものを持ち上げるアリのように大きな力を発揮したい」との思いを込めた。「楽しいことなら何でも『アリ』! ありがとうの『アリ』の意味も」。

 サイトはグルメ・旅、ファッション、趣味・娯楽、音楽、映画、ドキュメンタリー、バラエティーなど15チャンネルで構成。現在放送中の主な番組は、企業の社長など「ボス」のストーリーを紹介する「THE BOSS」、仙台・宮城在住のビューティー&キューティーを発見する「仙台美系女子」、生後1歳の女子アナによる赤ちゃん情報番組「オヤバカちゃんねる」、「ぶちゃいく」でかわいい犬が登場する「ブチャ犬魂」、1年間毎日ラーメンを紹介していく「1日1麺~仙台ラーメン巡礼~」など。各番組は公開から半年間アーカイブされ無料で視聴でき、その後は一部有料化やDVD化などを検討している。

 「放送時間は長くても10分くらい。『ポジティブな気持ちになれるもの』をモットーに制作しているので、ちょっとした時間に見ていただき、気晴らしの一つにしてもらえれば」と佐藤さん。「まだまだ始めたばかりだが、地元の皆さんと共に宮城・仙台の魅力を世界に発信してきたい」と意気込む。

ピックアップ

Stay at Home