仙台フォーラスで「ロックンロールバザール」-400組のグッズ5万点

仙台フォーラスで開催中の「ロックンロールバザール」。4万点のロックアイテムが店内を埋め尽くしている

仙台フォーラスで開催中の「ロックンロールバザール」。4万点のロックアイテムが店内を埋め尽くしている

  • 0

  •  

 ローリング・ストーンズやビートルズなどのロック専門店を運営するジャパン・オールラウンド・ミュージック(東京都渋谷区)は11月8日から、仙台フォーラス(仙台市青葉区一番町3)8階特設会場でロックグッズ販売イベント「ロックンロールバザール」を開催している。

ずらりと並んだロックTシャツ

 同イベントは、ロックバンドのライセンス商品を一堂に集めて販売する恒例企画。「アジア最大のロックコンベンション」と銘打ち、1989年から日本全国を巡回。東北では2003年以来、およそ6年ぶりの開催となる。

[広告]

 ストーンズやビートルズ、エルビス・プレスリー、ニル・ヴァーナ、レッド・ホット・チリペッパーズをはじめ、1950年代から現代まで約400アーティストのアイテムを販売。取り扱う商品はロックTシャツやキャップ、ベルトなどの服飾雑貨や小物、ポスター、フィギュアなど5万点以上。約300種類の缶バッチ(315円)やアウトレットTシャツ(500円~)から、フレディ・マーキュリーの直筆サイン入りソロアルバム(126,000円)、ザ・フーの直筆サイン(140,000円)まで、幅広い価格帯の商品を用意する。

 会場には10代後半~50代まで幅広い年齢層の客が訪れ、女性客も数多く来場。同社イベント担当の二見洋平さんは「ファンにはたまらないマニアックなものだけでなく、レディス、キッズ、ベビー用グッズ、デザイン重視の商品も充実し、さまざまな層の方に対応できる品ぞろえになっている。ロックファンの方はもちろん、それ以外の方にもご来場いただければ」と話す。

 開催時間は10時~20時30分。11月24日まで。

Stay at Home